RedHawk Analysis Fusionを内蔵したIC Compiler II

インデザイン・パワーインテグリティ解析と修正

IC Compiler™ IIとRedHawk™ Analysis Fusionの統合により、インデザイン・パワーインテグリティ解析・修正機能が設計フローに組み込まれ、フィジカル・デザイン工程でのサインオフ精度の改善を実現します。 困難なパワーインテグリティの要件に対応して収束を目指すブロック・レベルおよびトップ・レベルの設計者を支援するため、業界で最も広く利用されているRedHawkサインオフ・エンジンを活用し、フィジカル設計の解析と変更をすべて同じ環境内で行うことができるようになっています。

Tower of Power

Amelia Dalton氏(EEJournal)とKenneth Chang氏の話を聴く
RedHawk Analysis Fusionとしきい値付近の電圧処理

 

「RedHawk Analysis Fusionは、業界標準となっている当社のパワーインテグリティ/信頼性解析を補完するもので、設計者の皆様はより優れた性能/消費電力/面積を達成することができます。」

-ANSYS社副社長兼本部長、John Lee氏

主な特長

  • フィジカル・デザイン工程でのインデザイン・レール解析・修正のための統合環境を提供するIC Compiler II with RedHawk Analysis Fusion
  • テストベクタ有りまたは無しで接続性チェック、静的/動的解析のカバレッジなどに対応する通常の解析機能を装備
  • 自動的なパワーグリッドの調整や、ビア挿入漏れの修正など、インデザイン・レール修正機能を活用
  • 習得が容易。操作が容易。フィジカル設計エンジニアのために作られたRedHawkエンジンが水面下で呼び出され、ユーザーに対して透過的
  • RedHawk Analysis Fusionの自動セットアップにより、マニュアルでレール解析をフィジカル・デザインの修正に変換する労力を軽減
  • 早期かつ高頻度に実行することにより全体的なスケジュールを短縮し、やり直しを削減
  • IC Compiler II環境内でIRドロップ・マップを迅速に可視化できるため、what-if分析を即座に行ってデバッグ期間を短縮することが可能
  • サインオフ・パワーインテグリティ・ツールを補完して包括的なパワーフローを実現