Fusion Technology

Fusion Technology

Fusion Technology

Fusion Technology™は、論理合成、配置配線、サインオフに存在する従来的なEDAツールの境界線を見直し、業界の主要なデジタル設計製品間で統合エンジンを共有しています。 このテクノロジにより、次世代設計の開発期間を短縮し、業界最高水準の結果品質(QoR)と開発スピード(TTR)を実現します。

業界最高レベルの最適化と業界標準サインオフ

Fusion Technologyは、論理合成、配置配線、サインオフにといった領域にわたり従来存在したEDAツール間の境界線を見直したものです。業界最先端のデジタル設計ツール間でエンジンを共有し、論理/物理デザインを表現するためのシノプシス独自の単一データモデルを有しています。Fusion TechnologyはIC Compiler™ II、Design Compiler® Graphical、PrimeTime®、StarRC™、IC Validator、DFTMAX™、TetraMAX® II、Formality®などの各種ツールを共通のDNA骨格で貫くことを可能にしたテクノロジです。ECO Fusion、Signoff Fusion、Test Fusionにより、最も設計結果予見性の高いRTL to GDSII設計フローを実現し、設計のやり直しを最小限に抑えて他に類を見ない高性能、低消費電力、小面積を達成することができます。

「シノプシス社のFusion Technologyは半導体業界の流れを変える技術革新であり、サムスン・ファウンダリとその顧客企業が革新的な製品をより短期間で世に送り出すのを確実に支援してくれるテクノロジであると確信しています。」 

-サムスン・エレクトロニクス社 ASIC & IP事業部 上級副社長Jaehong Park氏

最適なPPA結果達成を、より速く

  • Signoff Fusionは、スタティック解析ツール PrimeTime、RC抽出ツール StarRC、PrimePower、業界標準のサインオフ解析ツール RedHawk™ Analysis FusionをIC Compiler IIにネイティブに組み込んでフローの予測性を向上させることにより、サインオフ収束にかかる期間を短縮します。業界標準サインオフ・ツールであるPrimeTimeのバックボーンを活用することにより、最適化とサインオフの両方で、過剰な設計マージンや過剰制約の必要を排除することができ、完全な相関性の確保、悲観性の低減、優れた結果品質を実現します。
  • ECO Fusionはサインオフ機能に融合されており、フィジカル・インプリメンテーションの工程内でIC Compiler IIを用いて設計の変更を迅速に行うことができるため、過剰なECOの必要性が低減し、タイミング収束にかかる期間が短縮されます。また、設計全体にかかる期間を最大30%短縮できます。
  • Test Fusionでは、テスト容易化(DFT)のためのRTL解析とDFT合成をインプリメンテーションの中で融合させることにより、シリコン・テストにかかるコストと時間(TAT)を削減しつつ最良の結果品質を実現します。
ビデオ

5nm以降のノードに対応するトランジスタ・アーキテクチャの選択

ビデオ

5nm以降の課題に対応するプラットフォームレベルの革新テクノロジ