確実な機能安全と信頼性

車載チップの設計と検証に向けて

デュアルコア・ロックステップ方式、三重モジュール冗長方式などの安全メカニズムが組み込まれたシノプシスのチップ設計プラットフォームは、デバイス劣化の包括的な解析とテストの技術、ソフトエラー解析、アナログ故障シミュレーションに特徴づけられます。 

シノプシスの検証プラットフォームは、故障解析、トレーサビリティ、FMEA(Failure Modeling and Effects Analysis)のための主要なセーフティ・クリティカル・テクノロジーを用いて品質と機能安全を検証する包括的なソリューションです。

ISO 26262のTCL(Tool Confidence Level)1の認証を取得しているシノプシスのツールを利用することで、品質と機能安全の適格性評価を迅速化できます。