実践的な脅威インテリジェンス

包括的な状況認識

シノプシスのフィード非依存型の脅威インテリジェンス・プラットフォーム、AbuseSAは、不正検出を迅速化し、是正の取り組みに専念できるようにすることで、最終的に外部の脅威からのネットワーク・セキュリティの保護を強化できます。

重要度の高いリスクをターゲットにする

重要度の高いリスクをターゲットにする

AbuseSAは、内部および外部のネットワーク・アクティビティを監視することによって、ネットワークに深刻なリスクをもたらすインシデントを正確に捕捉して強調表示します。AbuseSAのデータ・ソースは、通常誤検知がほぼゼロです。

統一された防御体制の構築

AbuseSAは、主要なセキュリティ企業やボランンティア組織によって分散された広範囲な脅威インテリジェンス・フィードからのデータを集計、正規化、相関します。また、内部リソースも活用し、データリソースをつなぎ合わせ、脅威のインシデントや指標について統一された共同レポートを作成できます。

重点を絞り込む

重点を絞り込む

AbuseSAを利用してインシデント・レポートを自動的に生成し、ネットワークの脅威の状態を視覚化することで、重要事項に焦点を当て、脅威とその脅威に対応しているシステム(および対応していないシステム)を素早く把握できます。