Certitude

検証品質確認システム

Certitude™検証品質確認システムは、検証環境の全体的な有効性を客観的に測定する唯一のソリューションです(図1参照)。検証環境に弱点があると、バグが検出されないまま設計が進み、機能の不具合、シリコン再設計、製品の市場投入の遅れを招きます。Certitudeはそのような弱点を特定します。車載用デザインの場合、Certitudeは自動車機能安全規格のISO 26262の要件に従って安全メカニズムを評価します。独自の自動化技術を備えたCertitudeシステムは、重大な問題に関するフィードバックを短時間で提供し、問題の効率的な解析と修正をサポートします。

検証環境の確実性を向上

Certitudeシステムを利用すると、ユーザの検証環境がデザインの潜在的バグ(システマティック故障)をどの程度活性化、伝播、検出できるかについて詳細情報が得られ、他のツールでは見落とされていた重要な弱点を洗い出すことができます。Certitudeシステムで得られるデータにより、スティミュラス、観測性、チェッカー、アサーションの弱点、および検証プランの抜けを特定できます。こうして検証作業の確実性が向上することで、検証作業の信頼性と効率が向上します。

自動車機能安全規格ISO 26262に適合
Certitudeシステムを利用すると、デザインに存在する不具合(ランダム故障)を安全メカニズムがどの程度検出して対処できるかについて詳細な情報が得られ、診断カバレッジ(DC)などの重要な指標の計算のほか、これらの安全機構の検証方法や、メカニズムが期待通り機能したかどうかについて文書化できます。このような文書化は、予想外の状況下でもシステムが安全に動作すること、およびベストプラクティスにもとづいた最先端の検証方法が採用されていることを実証するためISO 26262規格で義務付けられています。

動作モード
Certitudeシステムには、3つの動作モードがあります。

  1. 検証品質向上モード: 設計の検証を解析し、抜けや弱点を特定します。
  2. 検証品質測定モード: 検証環境全体の品質を客観的に測定します。
  3. 安全性モード: 自動車機能安全規格ISO 26262に基づいて安全メカニズムを評価します。