iOS のセキュア・プログラミング

Course Description:

多様なモバイルアプリケーションを作成するために包括的な機能を提供するApple iOSプラットフォーム。プラットフォーム固有のアーキテクチャとセキュリティ モデルにより、他のモバイル オペレーティング環境とは一線を画した特長を備えていますが、これにより、モバイル アプリケーション セキュリティの観点から特定のリスクが発生しています。このコースでは、iOS アプリケーションでよく見られるリスクを軽減する防御プログラミング手法について学習します。プラットフォームが提供する重要なセキュリティ制御と、それを正しく使用する方法について特に重点的に解説していきます。

Learning Objectives:

このコンテンツを修了すると、次のことが可能になります。

  • 各言語のセキュリティ上の利点、ならびに、優れたソリューションとするためにはどの言語を選択すればよいかを説明する。
  • IPC(基本)のセキュリティ上の懸念事項と、問題の防止方法を特定する。
  • 送信中のデータを保護すべく、安全な通信手法を特定し、活用する。
  • WebViewコンポーネントを確実に識別し、使用する。
  • ユーザーの認証と承認方法を理解する。
  • 一般的なローカルストレージオプションの弱点と、機密データを保護するためにすべきことを理解する。

Details:

Delivery Format:eラーニング

Duration:1 Hour

Level:中級

Intended Audience:

  • バックエンド開発者
  • フロントエンド開発者
  • エンタープライズ開発者
  • QAエンジニア
  • モバイル開発者
  • 設計者

Prerequisites:

eラーニングのお問合せ


250 / 250

あなたが好きかもしれないより多くのコース