モバイル・セキュリティの基礎

コースの説明

モバイル・アプリケーションは、Eメールのチェック、道案内、友人への面白い画像の送信などで、生活に欠かせない存在になりました。モバイル・デバイスを利用することにより、開発者はアプリケーションを通じてユーザーとやりとりすることができますが、同時に、理解が難しい特有のセキュリティ課題も生じます。このコースでは、開発者がモバイル・アプリケーションを開発する場合に意識する必要があるリスクの概要を説明します。 

コースのテーマ

  • 一般的なモバイル・アプリケーション・セキュリティ・コントロールのカバレッジ
  • ネイティブ/モバイルWeb/ハイブリッド・アプリケーションの分野のセキュリティ対策
  • デバイスのルーティングまたはジェイルブレイクがもたらすセキュリティへの影響
  • テストの重要性に関する新しい視点

学習目標

  • モバイル・デバイスの一般的な機能を説明する
  • モバイルOSのセキュリティコントロールを説明する
  • モバイル・アプリケーションのコンポーネントを定義する
  • モバイル・アプリケーションの実際の脅威を明確化する

詳細

実施形式と所要時間:

  1. eラーニング(1時間)
  2. 従来のライブまたはバーチャル・クラスルーム(所要時間は選択したモジュールによって異なります)

レベル:初級

対象者:

  • 開発者
  • 開発マネージャー
  • QAエンジニア
  • アーキテクト
  • アプリケーション・セキュリティ・スペシャリスト

必要な能力:モバイル環境向けの開発(ネイティブ、モバイルWeb、ハイブリッド・アプリケーション)を行う場合の一般的なリスクとセキュリティ・コントロールに関する理解

前提条件:なし

eラーニングのお問合せ


250 / 250