IoTのセキュリティ

安全な方法でIoTの波に乗る

IoTデバイスを開発する産業は増える一方ですが、その多くはソフトウェアのセキュリティを確保するために必要な対策に習熟していません。しかし、他の業界(金融や通信など)における多くの失敗を教訓として、スピードアップを図り、成熟度を高めることは可能です。

データシートのダウンロード

 

ハッカーがIoTに侵入する理由

IoTデバイスはネットワークのセキュリティを低下させる要因になっています。現在、すでに新しい多くのデバイスがネットワークに接続されていますが、IT部門がそれを完全に把握していないため、本来安全であるはずのネットワーク(大企業のネットワークなど)が危険にさらされています。そこで、以下のことを理解しておくことが重要です。

IoTデバイス
1.    IoTデバイスがスマートに機能し、他のデバイスとの相互運用性を保つようにしているものはソフトウェアです。 
ソフトウェア脆弱性
2.    ソフトウェアの設計がセキュアでなければ脆弱性が存在し、デバイスへのアクセスに悪用される可能性があります。
IoTデバイスの浸透
3.    デバイスに侵入されてデータが露出すると、ハッカーがそれを足掛かりにネットワークに接続されている他の標的(バックエンド・サーバーなど)に到達する可能性があります。

流れが変わってもルールは変わらない

IoTセキュリティ・ソリューションの成功のための4つのステップ

  1. SDLC(ソフトウェア開発ライフサイクル)の各段階にセキュリティを組み込む。
  2. 開発者を教育する
  3. ペネトレーション・テストを行う。
  4. 脅威モデリングを行う。
IoTセキュリティ・ソリューションの成功のための4つのステップ

漏れなくカバーします

ソフトウェア・セキュリティの分野で20年以上にわたり業界をリードしているシノプシスは、ソフトウェア・セキュリティのベストプラクティスをIoT開発プロジェクトに応用することにおいて、また企業内のIoT製品のリスク・エクスポージャー評価を支援することにおいて、独自の地位を築いています。シノプシスのアプローチは以下のテクノロジ・リスク管理の基本を土台にしています。

IoTデバイス向けセキュリティ

全体像を捉えて対応します

セキュリティの問題を修正して業務の中断を未然に防止します。従来のテストと解析の概念を超えて、最初からソフトウェアにセキュリティを組み込むための支援を行います。アプリケーション・セキュリティへの予防的アプローチのための製品、トレーニング、プロフェッショナル・サービスをご提供します。