COBOLセキュリティの基礎

コースの説明

COBOLプログラミングのセキュリティに関しては、さまざまなリスクや誤解があります。このコースでは、COBOLプログラミングのベストプラクティスを検討し、COBOLシステムの脆弱性の分類について説明し、脆弱性の回避または緩和方法に関するガイダンスを提示します。

コースのテーマ

  • COBOLアプリケーションのアーキテクチャ、およびコードと環境のコンフィグレーションへのセキュリティ要件の実装
  • 一般的な脆弱性を緩和するためのベストプラクティス
  • セキュア・ロギング、エラー処理、セキュア入力妥当性検証、データ表現のカバレッジの増大 

学習目標

  • COBOLプログラムに関する一般的なセキュリティ・リスクを認識する
  • COBOLコード内のセキュリティ脆弱性を特定する
  • リスクを低減するセキュアなコードを作成する

詳細

実施形式:eラーニング

所要時間: 1時間

レベル:初級

対象者:

  • 開発者
  • QAエンジニア
  • アーキテクト
  • アプリケーション・セキュリティ・スペシャリスト

必要な能力:COBOL開発に関する理解

前提条件:

eラーニングのお問合せ


250 / 250