申し訳ありませんが、この言語ではまだご利用いただけません

APIセキュリティの現状

2022年にシノプシスが共同スポンサーとなってEnterprise Strategy Group(ESG)が作成したレポートが、「社会的な規範を守る:GitOpsとシフト・レフト・セキュリティ 」です。開発者中心のセキュリティに関するこのマルチクライアント調査レポートは、アプリケーション・セキュリティの現状を分析することにより、さまざまな業種で浮かび上がっている新しいトレンドを特定し、現在の状況において組織がどの部分で成果を上げ、どの部分で苦戦しているかをより深く理解することを目的としています。

ESGは北米地域の中堅企業(従業員数100~999人)と大企業(同1,000人以上)に勤務し、開発者向けセキュリティ製品の評価、購入、活用を担当する350人(そのうちITプロフェッショナルが30%、サイバーセキュリティ意思決定者が40%、アプリケーション開発者が30%)を対象に調査を実施した。

このeBookでは、ESGレポートからAPIセキュリティの傾向と学びを深掘りします。

このeBookをダウンロードしこれらのことについて学びましょう。

  • APIセキュリティへの取り組みにおいて組織がどのように苦労しているか、あるいは成功しているか
  • シノプシスがESGレポートの結果をどのように解釈しているか
  • 自社のAPIセキュリティ戦略を改善する方法
The State of API Security | Synopsys

eBookをダウンロード