脅威モデリング

脅威モデリング

システムの保護は自分の手に負えないと感じたことがありますか。システムは常に狙われていて、修正が先延ばしになっている問題も数え切れないほどあります。脅威モデリングは、そんな多くの脅威を整理するのに役立ちます。このコースでは、体系的にセキュリティを検討する上で脅威モデリングがいかに役立つかを学びます。2つの一般的な脅威モデリング手法を取り上げ、発見した脅威の処理方法について説明します。このコースは、ソフトウェア開発に携わるすべての人にとって必須のコースです。

学習の目標:

  • 脅威モデリングの目的、および脅威モデリングと他のセキュリティ活動との関係を説明する
  • 脅威モデリングがマイクロソフトのSDLにどのように適合するかを説明する
  • 脅威モデリングがCigitalのTouchpoints手法にどのように適合するかを説明する
  • 脅威モデリングとリスク管理のプロセスを説明する
  • 脅威モデリングを始める

実施形式: eラーニング

所要時間: 1 時間

レベル:  中級

対象者:

  • フロントエンド開発者
  • バックエンド開発者
  • エンタープライズ開発者
  • モバイル開発者
  • QAエンジニア
  • 設計者 

 

その他のeラーニングのコースはこちら