オープンソースのポリシーとリスク

Course Description

最近のアプリケーションでは、オープンソース・コードの使用率がどんどん上がっています。オープンソース・ソフトウェアには、開発のスピードアップやコストの削減など、多くのメリットがあります。その一方で、オープンソースの使用には、セキュリティ上の脆弱性、ライセンスの使用、コンプライアンスなどの面で大きなリスクもあります。

このコースでは、最も広く使用されているオープンソース・ライセンスについて紹介し、その中でライセンスを取得したソフトウェアを使用する際に発生する義務について説明します。このようなライセンスを正しく使用する方法や、ライセンスの競合を避ける方法を説明します。その後、オープンソース・ソフトウェアのセキュリティ・リスクを分析し、脆弱性を発見するための方法と、それに対応する方法も説明します。次に、組織全体でのオープンソース・ソフトウェアの使用に適用される、企業オープンソース・ポリシーを構築するために必要な手順について分析します。ライセンス・リスクとセキュリティ・リスクの両方を最小限に抑えるためには、オープンソース・ポリシーの構築が不可欠です。

Learning Objectives

このコンテンツを修了すると、学習者は次のことができるようになります。

  • 広く使われているオープンソース・ライセンスについて説明してください。
  • もたらされる義務について明確に把握している。
  • 最も知られているオープンソース・ライセンスの使用方法を理解する。
  • オープンソース・コードを使用することで生じるセキュリティ・リスクと、それを軽減する方法について理解する。
  • 組織内でのオープンソース・ソフトウェアの使用に関する企業ポリシーを構築する。

Details

Delivery Format: eLearning

Duration: 1 hr

Level: 初級

Intended Audience

  • 設計者
  • バックエンド開発者
  • エンタープライズ開発者
  • フロントエンド開発者
  • モバイル開発者
  • QAエンジニア

Prerequisites

その他のeラーニングのコースはこちら