Java セキュリティの基礎

どのような製品やサービスを構築するにも、Java プラットフォームのセキュリティを理解することは非常に重要です。プラットフォーム セキュリティの概念と、プロジェクトに即座に適用できる実践的なセキュリティの知識を学んでいきます。プラットフォーム API を使用した安全なコードの記述、よくある間違いの特定ができるようになります。このコースは、デスクトップ アプリケーションやウェブ アプリケーション、サービス インフラストラクチャ、モノのインターネット (IoT)、埋め込みアプリケーションを構築する場合にも役に立ちます。

学習の目標:

  • Javaプラットフォームのセキュリティの概念とアーキテクチャに取り組む。
  • パブリックキーインフラストラクチャ(PKI)とJavaトラスト管理の概念を実装する。
  • Java SE APIを使用してセキュアなコードを書く。
  • プラットフォームにおけるセキュリティの一般的な落とし穴を回避する。

実施形式: eラーニング

所要時間:  1 時間

レベル: 初級

対象者:

  • エンタープライズ開発者
  • フロントエンド開発者
  • バックエンド開発者
  • モバイル開発者
  • 設計者

前提条件:

  • Java セキュリティの基礎

eラーニングのお問合せ


250 / 250

その他のeラーニングのコースはこちら