上級管理職のためのGDPR

GDPRの導入により、個人データ保護およびデータ主体の権利に関する要件が、いくつか新たに定められています。アプリケーションは、特定の技術基準が求められるこれらの規制要件に準拠しなければなりません。このコースでは、開発者がGDPRに準拠したアプリケーションを実装するための詳細なガイドラインを提供します。ユーザーの同意を得ること、プライバシー・バイ・デザイン、アクセス権と削除権など、GDPRの重要な要素に焦点を当て、また暗号化、匿名化、仮名化などのメカニズムを使用してユーザーの権利を保護する方法についても説明します。

学習の目標

  • プライバシーをデフォルトで開発ライフサイクルに統合する方法を理解する。
  • 個人データの収集と処理についてユーザーの同意を得るためのガイドラインと例を示す。
  • 収集する必要がある最小限の個人データを特定し、処理上の制限を実施する方法を理解し、習得する。
  • エンド ユーザーがアプリケーション内の自分の個人情報に対してアクセス、修正、エクスポート、削除を行う権利を行使できるようにする方法を理解する。
  • 暗号化、ハッシュ、仮名化、匿名化、マスキングなどのセキュリティ メカニズムを使用してGDPRへの準拠を確かにする方法を理解する。
  • 個人データの機密性を保護するためにアクセス制御をどのように実装する必要があるのか、およびどのような監査証跡を保持する必要があるのかを理解する。

実施形式: eラーニング

所要時間: 45分

レベル:  初級

対象者:

  • フロントエンド開発者
  • バックエンド開発者
  • エンタープライズ開発者
  • モバイル開発者
  • 設計者
前提条件
  • GDPR の概要

eラーニングのお問合せ


250 / 250

その他のeラーニングのコースはこちら