自動車業界におけるオープンソース・ソフトウェアの管理と安全確保

オープンソース・ソフトウェアは、多くの業界で最新技術の急速な進化に大きく寄与しています。自動車業界も例外ではありません。

Black Duck オンデマンド監査により、車載用アプリケーションの23%がオープンソースコンポーネントだと明らかにされたため、アプリケーションのセキュリティ・リスク管理の実施が不十分であることによるハッカーの脅威や、オープンソースの法的ライセンス違反による訴訟リスクを考慮する必要があります。

この独占レポートでは、自動車メーカー、サプライヤー、オートモーティブ・ソフトウェア・サプライチェーンを対象とし、以下の点を含む洞察を提供します。

  • 自動車技術に対するオープンソース・ソフトウェアの普及と多大な影響
  • 車載アプリケーションのセキュリティおよび開発標準の確立と進化
  • 消費者のプライバシー、デジタル・セキュリティ、物理的な安全に対する脅威
  • 複雑なオープンソース・ライセンス・エコシステムによるIP管理・知的財産管理の課題
  • オートモーティブ・サプライチェーン全体のオープンソース・ソフトウェアに関するリスク管理のベスト・プラクティス