カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)

の概要

このコースでは、開発者と開発ライフサイクルに携わる人物を対象に、カリフォルニア州消費者プライバシー法について紹介します。CCPAでは、カリフォルニア州在住の消費者にいくつかの新たな権利が付与されると同時に、特にオンラインプレゼンスのある事業者に特定の要件が適用されます。

アプリケーションがCCPAに確実に準拠するために必要なガイドラインを提供するこのコースでは、消費者に提供しなくてはならない通知の種類や、アプリケーションやWebサイトでこれを行う方法について詳しく説明します。また、消費者からのCCPA関連の要求を受領、検証、処理する方法についても詳細に説明します。最後に、CCPAの継続的なコンプライアンスを確保するために従うべきすべての必要な手順にも注目します。

Learning Objectives

このコンテンツを修了すると、次のことが可能になります。

  • CCPAの概要、CCPAの対象者、CCPAが重要な理由、コンプライアンス違反がもたらす影響について理解する。
  • CCPAによって付与されるカリフォルニア州の消費者の権利と、これによってソフトウェア開発ライフサイクルに導入される要件を明確に理解する。
  • 個人データに関する消費者の要求を事業者はどのように受領、検証、処理し、それに対応すべきか、またこれをオンラインで行う方法を把握する。
  • 消費者への通知やプライバシーポリシーなど、CCPAで必要とされる文書を理解する。
  • CCPAのコンプライアンスを徹底するためのロードマップをまとめる。

Details

Delivery Format: eLearning

Duration: 1 hr

Level: 初級

Intended Audience

  • フロントエンド開発者
  • バックエンド開発者
  • モバイル開発者
  • 設計者
  • QAエンジニア
  • エンタープライズ開発者

Prerequisites

  • なし

eラーニングのお問合せ


250 / 250

その他のeラーニングのコースはこちら