Building Security In Maturity Model(BSIMM)

ソフトウェア・セキュリティに科学を導入

Building Security In Maturity Model(BSIMM)は、現在のソフトウェア・セキュリティ対策を客観的なデータ・ドリブンの形式で表示するベンチマーク・ツールです。

SSIの評価

SSIの評価

BSIMMは、ソフトウェア・セキュリティ対策(SSI:software security initiative)を同業他社と比較して評価する、現在利用可能な最高の尺度の1つです。BSIMMを利用することで、実施しているセキュリティ対策がもたらしている変化の具体的な詳細を経営陣や取締役に示すこともできます。

BSIMMで視野を広げる

BSIMMの概要とBSIMMを活用してSSIの向上を実現した他企業の事例をご覧ください。

Webセミナー

ソフトウェア・セキュリティに科学を導入

調査対象のBSIMMアクティビティの77%で問題発見以上の成果がありました

BSIMMで企業が何を実施し、何を実施していないかが明確になります。

発展を続けるBSIMMコミュニティにご参加ください

発展を続けるBSIMMコミュニティにご参加ください

BSIMM評価に参加することで、独自のソフトウェア・セキュリティ・リーダーのコミュニティにアクセスして共通の問題について討議し、共通の解決策を見つけることができます。