ソフトウェア セキュリティ要件

コースの説明

このコースでは、ソフトウェア開発ライフサイクル (SDLC) でセキュリティ要件が果たす役割と、効果的かつ検証可能な要件の作成方法について説明します。まずセキュリティを SDLC に組み込む方法についての理解を促し、プロジェクトと組織のニーズに合ったセキュリティ要件のスタイルを選択する方法を学習します。またコースの最後には、セキュリティ テストと実践的な監査を通じてセキュリティ要件の有効性を検証するアクション プランも紹介します。

学習の目標

このコンテンツを修了すると、次のことが可能になります。

  •  全体的な条件収集戦略の一環として、セキュリティ固有の条件を導入する利点について説明する。
  • ソフトウェアセキュリティの条件を列記する際に使用されるアプローチと方法を理解する。
  •  機能に関するソフトウェア条件と、機能に関係ないソフトウェア条件を区別し、どのタイプの条件収集手法が自社に最も適しているかを理解する。
  • 効果的なセキュリティ条件の質について説明し、アプリケーションのセキュリティを強化する条件を実装する。
  • 導入中も導入後もセキュリティ条件が常に満足されていることを検証する方法を実装する

詳細

実施形式:eラーニング

所要時間:1hr

レベル:初級

対象者:

  • フロントエンド開発者
  • バックエンド開発者
  • エンタープライズ開発者
  • モバイル開発者
  • QAエンジニア
  • 設計者
前提条件:
  • ソフトウェア セキュリティの原則
  • OWASP Top 10