Java EE Webアプリケーションの防御的なプログラミング

コースの説明

Java EE Webアプリケーション向けの防御的Javaプログラミングは、Java Security FundamentalsとJava Advanced Secure Codingで触れなかった部分を取り上げます。このコースでは、Java EEアプリケーション設計者向けの重要な機能と情報について扱います。また、エンタープライズソリューション全体を強化するための方法と機能だけでなく、エンタープライズ全体の一般的なセキュリティ上の懸念についても説明します。さらに、プラットフォームの仕様と機能に加え、OracleからEclipse FoundationへのJava EE仕様の移行などの関連情報も扱います。

学習の目標

このコンテンツを修了すると、次のことが可能になります。

  • Java EEフレームワークによって提供されるセキュリティ機能を理解して適用する
  • Java EEアプリケーション全体の一般的なセキュリティの課題を予測して対処する
  • Java EEソリューションに影響を与える可能性のあるプラットフォームの変更に備える

詳細

実施形式:eラーニング

所要時間:75分

レベル:中級

対象者:

  • フロントエンド開発者
  • バックエンド開発者
  • QAエンジニア
前提条件: