クラウドセキュリティの概要

コース説明

今はまさにクラウドの時代です。現在、開発とソフトウェア配信がクラウドインフラストラクチャへと急速に移行しているため、セキュリティとコンプライアンスの課題に対処することが不可欠です。ここでは、一般的なクラウドの用語と、クラウドプロバイダに移行する際に考慮すべき膨大な数のセキュリティ制御を操作管理する方法について説明します。コース終了時までに、クラウドインフラストラクチャでソフトウェアを実行する際に生じる一般的なセキュリティの課題に対処する方法も理解することができます。

学習の目標

このコンテンツを修了すると、次のことが可能になります。

  • さまざまなクラウド配信モデルを特定する
  •  パブリッククラウドプロバイダが提供するセキュリティ機能を評価する
  • セキュリティを考慮してクラウドインフラストラクチャを構築する
  • クラウド環境に保存されているデータを保護する
  • サーバーレスやコンテナなどのクラウドテクノロジーにセキュリティ制御を組み込む

実施形式:  eラーニング

所要時間:  1hr

レベル: 初級                                                  

対象者:

  • フロントエンド開発者
  • バックエンド開発
  • エンタープライズ開発者
  •  設計者 

その他のeラーニングのコースはこちら