Androidセキュリティ

コースの説明

Androidオペレーティング・システムには、ネットワーク・スニファー、悪意のあるアプリ作成者、デバイス盗難者などの攻撃者からアプリケーション・ユーザーを保護するためのさまざまなセキュリティ機能が組み込まれています。Androidアプリケーション開発者は、これらの機能によるユーザー保護の内容だけでなく、保護が足りない可能性のある点を理解することが重要です。Androidアプリケーション開発者には、防御的プログラミングを実践して、攻撃者がアプリケーションおよびそのデータに危害を加える一般的な攻撃からアプリケーションのユーザーを保護する責任があります。このコースでは、Androidプラットフォームに関する重要な情報を学習するとともに、開発者がセキュアなアプリを作成するために知っておく必要がある防御的プログラミング手法も説明します。

コースのテーマ

  • Androidアプリケーションのさまざまなコンポーネントについて説明する
  • 潜在的な脆弱性を特定する
  • セキュアなコーディングの例

学習目標

  • Androidアプリケーションのリスクを評価する。
  • Androidパッケージ・ファイルの構造を理解する。
  • Androidのセキュリティ・モデルとAndroid OSによる保護の内容を理解する。
  • Androidの一般的な脆弱性に対して防御的プログラミング手法を適用する。

詳細

実施形式:eラーニング

所要時間:70分

レベル: 中級/上級

対象者:

  • 開発者

必要な能力:Javaプログラム言語とWebテクノロジへの習熟

前提条件:

eラーニングのお問合せ


250 / 250