SpyGlass Power 

RTLでの電力最適化のための包括的なソリューション  
SpyGlass® Powerソリューションにより、ユーザーはRTLでデザインを最適化し、消費電力の削減やデザイン効率の向上を実現できます。SpyGlass Powerは、消費電力や電力効率に関する情報を早期に入手し、どこで、どのようなパワーを削減できるかというガイダンスを得ることができる、電力調査環境を提供します。SpyGlass Powerは、主なパワー・マネージメントの問題を検出するだけでなく、問題を自動修正し、変更が正しいことをフォーマル手法で証明できます。SpyGlass Powerでは、ユーザーは複数のパワードメインや電圧ドメインが存在する複雑な回路を管理し、UPFで定義されたローパワーの電源仕様を網羅的に検証することができます。

検証、見積り、削減のすべてをSpyGlass Powerで行うことができます。
SpyGlass Powerには、電力に関する詳細なメトリクス、図表、回路図を組み合わせて可視化する、Power Explorerと呼ばれる直観的なデザイン/診断環境があります。ユーザーは、電力削減とデザインの複雑さとの最適なトレードオフを提示する提案にそって、デザインの問題を簡単に特定できます。ゲートレベルでパワー解析や最適化をする従来の手法では、設計の変更や検証は困難でした。これに対し、SpyGlass Powerでは、効果が最も大きく、修正コストが最も少ない、RTL設計時にデザインのパワー特性を向上させることができます。その結果、開発期間の短縮とコストの削減が実現し、最終製品の消費電力も改善します。

メソドロジ
SpyGlassソリューション・メソドロジは、RTL設計の課題を解決するために特化された、使いやすく、包括的な手法により、消費電力を最適化した高品質なRTLを確実に実現します。

  • メソドロジに関するドキュメントとルールセットが製品の一部として付属
  • GUIで利用可能なPower Explorerにより、ユーザーは一連の推奨手順にそって消費電力の見積り/削減を行い、ローパワー電源仕様への準拠に関する確認が可能

機能/利点
  • 消費電力の見積り、プロファイリング、削減、検証など、消費電力の最適化に関するあらゆる側面を網羅した統合プラットフォーム
  • 入力非依存
    • RTL、ゲートレベル、またはレイアウト後で実行可能
    • FSDB、VCD、SAIF、ベクターレス情報をサポート
    • UPF 2.0/2.1をサポート
  • キャリブレーションとレファレンス・デザインからの実際のデータを用いて、実証済みの高精度で消費電力の見積りを実現
  • クロック・ゲーティング率やクロック・ゲーティング効率など、各種の実践的なプロファイリング・メトリクスを提供
  • 高精細から低精細にわたるクロック・ゲーティング、マイクロアーキテクチャの修正、メモリー・アクセスの最適化といった幅広い消費電力削減手法
  • 合成時により良いクロック・ゲーティングの推定ができるRTLを準備することで、下流工程のインプリメンテーション・ツールを補完
  • ローパワー向けに最適化されたRTLの自動生成機能、または設計者が手作業で修正するための提案機能
  • 消費電力を削減したRTLと元のRTLの機能が同じであることを検証するシーケンシャル等価性チェック・ツール
  • RTLに準拠したローパワー電源仕様の確保
  • RTLサインオフ・ソリューション(パワーバジェット、電力効率、ローパワー電源仕様)
  • ネットリスト・サインオフ・ソリューションにより、確実にローパワー電源仕様の記述に従ってネットリストをインプリメント



NewsArticlesBlogsSuccess StoriesWhite PapersWebinarsVideosTraining Courses