ZeBu Server-3  

ZeBu Server-3: 業界最速のエミュレーション・システム 

Synopsys ZeBu® Server-3エミュレーション・システムは実績あるZeBu Serverアーキテクチャをベースに開発されており、実行スピードは最大4倍、容量は3倍向上しています。こうした高い性能により、SoC開発チームは、ハードウェアとソフトウェアの開発、OSの立ち上げ、フルチップ検証にかかる期間を短縮し、製品をより早期に市場投入できるようになります。

包括的なデバッグ機能、自動化ソフトウェア、業界をリードする検証ツールならびにシステムレベル・ツール・フローとの緊密な統合により、ZeBu Server-3は、複雑なSoCの検証に求められる非常に生産性の高い開発環境を実現します。 ZeBu Server-3は、パワーを考慮したエミュレーション、シミュレーション・アクセラレーション、インサーキット・エミュレーション、合成可能なテストベンチ、トランザクション・ベース検証、ハイブリッド・エミュレーションといった様々な検証利用モードを備えているため、プロジェクトのニーズに応じて柔軟に利用できます。 設置面積が小さく、軽量で、通常の供給電力/冷却設備で使用できるうえ、信頼性が高いため、総所有コストの削減が可能です。 28nmFPGAテクノロジをベースにした拡張性の高いアーキテクチャにより、30億ゲートのデザインを実装できる業界最大規模の容量に対応しています。

ZeBu Server-3の特長:
  • 数日かかっていたシステムレベル・テストを数時間で実行できる高性能エミュレーション・システム
  • すべての信号を可視化できる包括的なデバッグ機能とVerdi3™システムとの統合
  • パワー・マネージメント検証や、アーキテクチャの最適化とソフトウェア開発用のバーチャル・プロトタイプを使ったハイブリッド・エミュレーションなどの先進の使用モデル
  • 総所有コストの削減が可能な先進アーキテクチャ
  • 30億ゲートまで対応する業界最大規模の容量

エミュレータの性能、容量、信頼性、電力効率は、テスト対象のデザインの実装のために搭載しているチップの容量に大きく依存します。 搭載するチップの容量が大きければ、テスト対象のデザインをより高速に実行でき、デザインの分割もゲート当たりの消費電力も削減できます。 新世代のZeBu Serverに移行するたびに、その時点で最先端のシリコンを導入して急拡大するFPGA容量のメリットを活用してきました。 ZeBu Server-3も、この方針を継続しており、現時点で利用可能な最大規模のFPGAデバイスの一つであるXilinx Virtex-7 XC7V2000Tを採用しています。 Virtex-7 XC7V2000Tは、28nm SSI(スタックド シリコン インターコネクト)テクノロジを採用しています。

実際にエミュレータを使用し始めると、システムを購入した当初よりコストが増大する傾向があります。 ZeBu Server-3は、標準的なデータセンター環境で使用できるようにするためコンパクトなサイズで効率性の高いハードウェアとなっており、他のデータセンター機器が要求する以上の電力供給、冷却設備、耐荷重性は必要ありません。 たとえば、3億ゲートのZeBu Server-3システム構成の場合、設置スペースはわずか50立方センチメートル、消費電力はわずか2.5キロワット、重量は70kgにすぎず、同等の容量を持つ他のエミュレータよりも格段に小型、軽量、低消費電力です。 そのため、既存の施設の供給電力と冷却設備で使用でき、コストのかかる工事やスペース拡張は必要ありません。

ZeBu Server-3データシートのダウンロード

機能

  • デザイン容量: 最大30億ASICゲートまで拡張可能
  • マルチユーザー: 単一構成で最大49ユーザー
  • 高性能のテスト環境: ホストとの高帯域幅、低レイテンシーの接続を利用したストリーミング・トランザクタ、ソフトウェア・チェッカ、アサーション出力、および波形生成
  • 迅速なセットアップ: RTLの変更が不要な、SoC RTL段階からの完全自動のコンパイラ
  • zFAST: メモリー推論とRTL名保持機能を備えたZeBu Fast Synthesisは、高速な並列合成、インクリメンタル合成を提供
  • メモリー・コンパイラ: ポート数に制限がなく、ASICライブラリ変換を容易にするスクリプトをサポート
  • 包括的なデバッグ: 実行時も再コンパイルなしですべてのレジスタと信号の視認が可能。Verdiの統合を活用したインタラクティブなCombinatorial Signal Access (iCSA)、高速トレースのためのコンパイル済みプローブおよびソフトウェアベース・チェッカ、合成可能なSystemVerilog Assertion(SVA)のサポートとカバレッジのレポート機能、数十億サイクルのテストで任意の時点に戻ってテスト・シーケンスを複製し、見つかったバグをトレースできるデターミニスティックなデバッグ環境を構築可能
  • サードパーティの検証/システムレベル・ツールと統合:市販HDLシミュレータや仮想プラットフォームとのコ・シミュレーション、ソフトウェア開発環境との統合
ZeBu Server 3 ZeBu Server 3



NewsArticlesBlogsSuccess StoriesWhite PapersVideosTraining Courses