ハードウェア・ソフトウェア協調検証 

 

SoCはハードウェア・シミュレーションのリグレッション・テストをパスしただけでは不十分で、アプリケーションが完全に動作して初めて出荷できます。 言い換えると、チップに対する最終段階のテストは、アプリケーションが正確かつ完全に動作するかどうかを確認すること、 つまり、組み込みソフトウェアをRTLと共に実行することです。 このようなテストは数十億サイクルの実行を要し、通常はシステムレベルで実行されるため、設計規模も最大になります。 このようなアプリケーションに求められる実行速度は非常に速く、最新のワークステーションでも対応できません。 ZeBuエミュレーションであれば、アプリケーションの完全シミュレーションを行う実行速度を備えるのみならず、独自の協調デバッグ環境でハードウェアとソフトウェアの両方をデバッグ可能です。

ZeBuでは、ハードウェア設計者はチップの波形を確認できます。また、ソフトウェア開発者は標準的なソフトウェア・デバッガをチップのJTAGインターフェイスに接続して利用できます。 ハードウェアとソフトウェアのビューを同期させるZeBu独自の技術で、低レベルのソフトウェア、初期化ベクタ、デバイス・ドライバを簡単にデバッグできます。

ZeBu は以下の機能を備えた唯一の”Visible Silicon Platform”(可視化されたシリコン・プラットフォーム)です。

  • 仮想コンポーネントの組み立てとコンフィギュレーションが容易で、アプリケーションの実行に必要なインターフェイス、デバイス、ペリフェラルをすべて備えた包括的なプラットフォームを構築可能
  • 波形ダンプなど、ハードウェアと同期しながらソフトウェアを実行し、デバッグするため、実際のソフトウェア・ドライバやアプリケーションに対するソフトウェア・レジスタや主要バスの反応を確認できる
  • ハードウェア・モニタやトレース、およびあらゆる標準的なソフトウェア・デバッガ機能で、数十億サイクルのシステム・シミュレーションの問題と異常を即座にピンポイントに特定
  • 長いストレス・シナリオで主要コンポーネントの性能を解析、評価、測定可能

関連項目

製品: エミュレーション検証用IP

ソリューション: 組み込みプロセッサ・モデル

ソリューション: トランザクションレベル・モデリング



NewsArticlesBlogsSuccess StoriesWhite PapersVideosTraining Courses