BugScope  

 
概要
BugScope®はフルチップのアサーション合成を行う製品です。デザインおよびテストベンチに関する情報を活用してアサーションと進捗を確認するための機能カバレッジを自動的に生成し、複雑なデザインを的を絞って検証します。

シミュレーション、フォーマル検証、エミュレーション検証のフロー
BugScopeのアサーション合成はRTL設計とテストベンチを入力とし、以下のプロパティを自動的に合成します。

  • 高品質のアサーションまたは主要な設計制約と仕様をキャプチャする論理ステートメント。RTLインプリメンテーションの意図と直交する視点からアサーションを提供します。さらに、 BugScopeのアサーションは、コーナーケースのバグの捕捉や、検証の観測性を向上させるためブラックボックス・チェッカーの補足をします。
  • テストベンチの欠点を明らかにする機能カバレッジ・プロパティ。カバレッジ・プロパティは機能を対象とし、RTLの構文から独立しています。設計チームおよび検証チームはBugScopeのカバレッジ・プロパティを使用して、機能カバレッジの欠点を発見し、テスト開発の指針とすることができます。

BugScopeは以下の点についてデザインおよび検証技術者をサポートすることにより、既存のシミュレーション、フォーマルおよびエミュレーション検証フローを向上させます。

  • コーナーケースのバグの発見
  • 機能カバレッジの欠点を明確化
  • 検証観測性の向上

BugScopeは充実した機能で完全なSoC設計のためのアサーション合成をサポートし、デザインの複雑さに比例した対応が可能な実行時パフォーマンスを発揮します。

  • SVA、PSLまたは合成可能なVerilogなどのIEEE標準フォーマットで生成
  • 時相演算子を使用して順次動作をキャプチャし、複数クロック・サイクル間の問題を発見します。
  • 最適化により最大パフォーマンスを実現し、シミュレーション処理時間のオーバーヘッドを最小限に抑えます。

BugScopeアサーション合成アプリケーション:検証管理、MARS、IP開発

高度に省力化されたアプリケーション:検証管理
検証管理:このアプリケーションは予測可能な検証の収束を実現します。このアプリケーションで検証技術者は以下のことを確認できます。

  • 検証が正しい方向へ進行しているか
  • 最も複雑なロジックを十分に検証対象にしているか
  • 検証サイクルが設計の重要な機能に対して適切に分布しているか
これらの情報は、カバレッジが高い順にテストを順位付けする際の判断にも役立ちます。この情報を用いて、夜間/週間のシミュレーションの最も効果的なリグレッションを行えます。

工数が少ないアプローチ MARS(Methodology for Assertion Reuse in SoC)
MARS:このアプリケーションでは、IP統合の問題をSoCレベルで発見できます。問題は以下の3つに分類できます。

  • SoCレベルでのIP統合の問題
  • SoCレベルで発見された設計の問題
  • IPレベルで見落とされた重要なカバレッジの問題

中程度の工数を要するアプローチ IP開発
IPを再利用する場合の大前提は高品質なIPです。BugScope Assertion Synthesisは、高品質なIPを生成するための予測可能な設計/検証プロセスを実現します。設計者はBugScopeで生成されたプロパティを確認し、アサーションまたはカバレッジに分類します。アサーションは検証時に設計の問題を発見するために役立ち、カバレッジ・プロパティは検証の進捗の測定に役立ちます。さらに、設計の重要な機能のテストを十分に行い、動作に問題がある場合は、問題の原因を直ちに発見して速やかなデバッグを可能にし、検証の収束を迅速化します。



NewsArticlesBlogsSuccess StoriesWhite PapersWebinarsVideosTraining Courses