ProtoLink 

FPGAプロトタイプのデバッグソリューション 
概要
ProtoLink™ は、複数のFPGAを使ったプロトタイプ・ボードを使った、シミュレーションに類似したデバッグのソリューションです。HAPSのFPGAベース・プロトタイプ・ソリューション、およびカスタムのFPGAプロトタイプボードのいずれに対しても、シミュレータに類似した高いデザインの可視性を提供し、デバッグを迅速にします。 ProtoLinkでは以下を実現します。
  • プロトタイプのデバッグ時間を半減
  • 検証効率を高め、SoCデザインの検証を早期に完了
  • 開発期間の短縮によるROIの最大化

ProtoLinkデータシート

ProtoLinkビデオ
ProtoLinkビデオ



プロトタイプボードの検証にかかる期間を短縮
ProtoLinkは特許取得済みのインターコネクト技術と独自のソフトウェア自動化技術を使用し、業界標準のVerdi®自動デバッグ・システムの機能をプロトタイプボードのデバッグに取り入れています。 この独自の組み合わせにより、迅速なプロトタイプ検証を実現する新たなパラダイムを築いており、ボード開発者やSoCデザインチームには次のようなメリットがあります。
  • 数千本の信号を数百万サイクルでリアルタイムに可視化
  • 高速なプローブECOフローにより、わずかな時間でプローブを追加/変更
  • プロトタイプボード上で、RTLレベルのデザインをデバッグ
  • 複数のFPGA/ボードにわたり、シームレスに設計をデバッグ
  • Force/release機能により、完全な可視化とシグナルのコントロールを実現


図1: プロトタイプボードの検証にかかる期間を短縮

デザインの可視性の向上
ProtoLinkは、従来のデバッグ手法における、限定的な可視性、操作性の悪さ、コスト障壁を克服し、フレキシブルなFPGAプロトタイプ検証手法を提供します。 ProtoLinkは直観的なソフトウェア・ベース手法を採用し、次のような高度なデザイン可視化を実現します。
  • ユーザーフレンドリな時分割多重化(TDM)技術により、表示できるプローブ信号を従来の数十本単位から数千本単位に拡張
  • 複数のプローブ・グループおよびプローブ・バスに対応し、一度にプローブ・グループごとにFPGAあたり最大16,000本の信号を表示
  • Siloti™自動可視化システムを導入することで、最適なデザイン表示に必要な最小限のプローブ信号を特定
デバッグの開発期間を短縮
ProtoLinkは、RTLの設計段階から最終的なインプリメンテーションに至るまで、FPGAプロトタイプボードのデバッグを簡素化します。 Verdiデバッグ・プラットフォームと同じコンパイル・テクノロジとデザイン・ナレッジ・データベースを共有し、次のような機能を実現します。
  • 高度な可視化、トレース、解析機能を使用して簡単にRTLのデバッグを実現
  • VerdiとProtoLinkの環境間でプローブ信号をドラッグ・アンド・ドロップ
  • 複数のFPGAに渡って波形を表示し、イベント/トリガを設定することにより、デザインの動作を解析し、バグの根本原因を特定
  • プローブの追加/変更を高速プローブECOフローで行うことにより、再コンパイルとデバッグの長時間に及ぶループを削減
  • プロトタイプのインプリメンテーションフロー全体を通じて、RTLとゲートのコリレーションを維持
包括的かつ使いやすい機能
ProtoLinkは、FPGAのセットアップ、プローブ設定、インターフェイス設定の作業を自動化します。 ハードウェアに依存しないアーキテクチャを採用しているため、HAPSのFPGAベースのプロトタイプ・ソリューションにも、カスタムのプロトタイプにも簡単に利用することができ、最新のFPGAテクノロジを搭載した次世代ボードへの移行も容易です。

主な機能
  • 小型のハイスピード・トランスポートIPを各FPGAに配置し、同期および非同期でサンプリング
  • プローブ・データを収集後、FSDBフォーマットでワークステーションにアップロードし、デバッグで使用
  • デザインを一度コンパイルするだけで、ProtoLinkとVerdiデバッグ・ソフトウェアを使用可能
  • FPGAリソースを消費することなく、最大134Mサイクル(1秒程度のエミュレーション時間)の波形をプローブメモリに保存
  • リビジョン管理システムが組み込まれたプローブECOにより、セットアップ時間を数時間単位で削減
  • プロトタイプボードとエンジニアリング・ワークステーションを接続して通常のインサーキット・エミュレーションを実行する柔軟性の高いハードウェアキット
  • Xilinx FPGA用のモジュールがオプションで追加でき、事前に選んだシグナルに対し完全に可視化されたダンピングとForce/Releaseが可能。


図2: 高速かつ効率的なプロトタイプ・デバッグフロー

ProtoLinkハードウェア・インターフェイス・キットには以下が含まれています。
  • 標準のSamtecコネクタやMictorコネクタを使用し、ProtoLinkソフトウェアを実行するワークステーションとプロトタイプボードを接続するProtoLinkインターフェイス・カード
  • インターフェイス・カードとワークステーションを接続する高速ファイバ・チャネル
  • プローブ・データを保存できるインターフェイス・カード上の4GBプローブメモリ
  • HAPSのFPGAベース・プロトタイプ・ソリューション、およびカスタム・プロトタイプボードをサポート


図3: ハードウェアキットの接続図



NewsArticlesBlogsSuccess StoriesWhite PapersWebinarsVideosTraining Courses