タイミング制約解析 

 

急速な設計規模の増大と複雑化、およびIP設計ブロックの再利用拡大に伴い、タイミング制約仕様ファイルの規模と複雑さも増大しています。 特にチーム間のハンドオフ時には、高品質のタイミング制約を確保することが効率的なデザイン・インプリメンテーションへの最重要項目です。 制約が不完全または不整合であったり、互いに競合する場合、最適化ツールやインプリメンテーション・ツールの動作が非効率になったり、収束しなくなったりします。 この問題に対処するため、PrimeTime GCAにはインプリメンテーションとタイミング解析を効率化する一連の包括的なルールチェックが用意されています。

PrimeTime GCAは幅広い解析およびデバッグ機能を備えてタイミング制約の完全性と正確性を確保し、スケジュール遅れの主要な原因を解決します。 専用の制約解析エンジンは通常、百万単位のインスタンスを数分で処理し、TAT短縮を実現します。 特定の設計の制約をチェックするとともに、ブロックレベルとトップレベルの制約の整合性をチェックし、また異なる制約バージョン間の整合性をチェックします。 柔軟性の高いレポート機能、包括的なデバッグ・オプション、およびカスタム・チェックの作成機能により、問題を迅速に特定し、解決できます。

  • フローの早期にサインオフ精度の制約を実現
  • 反復作業を大幅に削減
  • 高速実行: 数百万インスタンスを数分で処理
  • 既存のGalaxyインプリメンテーション・フローへの統合がきわめて簡素

プレスリリース
シノプシス、設計者の生産性を向上するGalaxy Constraint Analyzerを発表

記事
制約解析によるテープアウトの予測性向上

ホワイトペーパー
設計者の生産性向上を図る