PrimeTimeのオンチップ・バリエーション  

 
PrimeTime AOCVによる早期デザイン収束

プロセスのジオメトリが微細化を続けている半導体業界では、スタティック・タイミング解析(STA)におけるばらつきの影響が増大する傾向にあることが認識されています。 ジオメトリ・ノードの微細化に伴いオンチップ・バリエーション(OCV)効果が増加するにつれて、チップ全体に一定のグローバルマージンを適用すると、過剰設計や設計性能の低下が生じたり、タイミング収束に時間がかかる可能性があります。 PrimeTimeのAdvanced OCVソリューションは、改良されたデバイスレベルの変動モデリング手法を利用して、精度と性能の適切なバランスをとる高度なテクノロジです。

PrimeTimeのAdvanced OCVは、65nm以下のプロセス・ノードの設計におけるばらつきの課題に対応する、スタティック・タイミング解析に組み込まれた完成度の高い、実績のあるテクノロジです。

PrimeTime OCVTech

PrimeTime AOCVに関するSIGイベント
Webセミナー
ホワイトペーパー