Galaxy Custom Designer SE 

カスタム設計向けスケマティック・エディターとシミュレーション環境の新しい選択肢 

概要
Galaxy Custom Designer® SEは、めまぐるしく移り変わる今日のナノメータ・デザインの難問解決を可能にする、次世代のスケマティック入力ツールです。このツールの使用にあたっては、新たな知識の習得をほとんど必要としません。 他のCustom Designerツール・ファミリーと同様、スケマティック編集作業は少ないクリック数と迅速なメニュー・アクセス、シンプルなポップアップ・メニューで実行されます。

生産性の向上を念頭に開発されたCustom Designer SEは、画面上でのパラメータ編集と表示(”On Canvas Editing”機能)により、高速なスケマティック編集を可能にします。 Custom Designer SEのDynamic Net Highlighting機能による配線の接続確認は、常に最新状態のデザイン・インテグリティを維持し、少ないエラーと労力で迅速な設計を可能にします。

データシートのダウンロード

Galaxyインプリメンテーション・プラットフォームを拡張した設計環境
半導体設計がカスタムおよびアナログ・ミックスドシグナル設計の要素をますます必要とするにつれ、既存のデジタル設計フローへの迅速かつ効率的な統合という課題に対処する新しい方法が求められています。

Custom Designerは、シノプシスのGalaxy™インプリメンテーション・プラットフォームのパワフルな能力を活用して、カスタム/デジタル設計チームの両方に統一ソリューションを提供します。 デジタル設計チームは、最適なパイプラインによりCustom Designerにて設計したAMSブロックにアクセスすることができ、面倒なデータ交換を必要とすることなく、デザイン開発期間を短縮します。

主な利点
  • 生産性向上のためのアーキテクチャ
    • セルベース・デザインとカスタム・デザインの両方に対応する統一プラットフォームで複雑なチップ設計とインテグレーション作業をスピードアップ
    • 寄生抵抗の再シミュレーションにより完全なブロック・オーサリング・フローをサポートし、高い精度を達成
    • 高性能、大容量の回路シミュレーションを行うシノプシスのCustomSim™、HSPICE®、およびCustom WaveView™をサポート
    • サインオフ・フィジカル検証を行うシノプシスのHercules™、IC Validator LVS、およびStarRC™フローをサポート
    • On Canvas Editing機能により、画面上でのパラメータおよびネット編集が可能
    • Dyanamic Net Highlighting機能により接続を素早く視覚的に確認できるため、設計エラー削減に有効
    • 高速配線タスクによる作業のスピードアップを可能にする先進の"Smart Connect"機能
    • Device Paletteアシスタントにより目的のデバイスに迅速にアクセスし、個々のパラメータ設定とともにデザインに配置可能
    • 保存後でも実施コマンドの取り消し/やり直しをウィンドウごとに実行できる洗練された”Transaction History”機能
  • シミュレーションと解析環境
    • 使用するシミュレータの種類を問わず、操作を簡素化するSynopsys’ common use modelをサポート
    • テストベンチ、回路、シミュレータ、シミュレーション設定、メジャメント設定、シミュレーション後の処理、評価を1つの環境にまとめ、結果を迅速に可視化して問題点を特定
    • プリレイアウトシミュレーションとポストレイアウトシミュレーションにおいて、共通テストベンチを使用可能
    • シミュレータオプションを整理し、現在の設定値とデフォルトの設定値を可視化して表示。 シミュレーションオプション・ダイアログはまた、そのツール固有のオプションに関するアドバイスを提供
    • シミュレーション環境とCustom Designer SE、Custom Designer LE、extracted view間のクロス・プロービングとバックアノテーションにより、確認データをスケマティックから直接選択し、Custom WaveViewにて表示することが可能
    • ライブラリ・マネージャ、階層エディタ、ジョブ・モニタなど、Custom Designerのすべての高度な基盤テクノロジをツールファミリーで共有
    • パラメトリック解析、コーナー解析、統計解析といった業界をリードするロードバランシング・ソリューションへのインターフェイスを提供

    包括的な統合フロー
    Custom Designer SEはSynopsys’ common use modelを利用しているため、HSPICE やCustomSimなど最先端のAMSシミュレータへのアクセスが可能です。

    シミュレーションやデバッグ時は、シンプルなプルダウン・メニューによってCustom Designer SEから任意のシミュレータに素早くアクセスすることができます。

    フィジカル検証時は、Custom Designer SE、Custom Designer LE、StarRCのネイティブ・インテグレーションにより、バックアノテーションを利用した完全な寄生容量の再シミュレーション・フローが可能です。 この包括的フローは、フィジカル設計から抽出された寄生情報の精度を最高レベルで保証します。

    図1: Custom Designer
    図1: Custom Designer SEのスケマティック編集時の設計効率を高める2つの手段として
    ”Smart Connect”機能と”On-Canvas Editing” 機能がある

    キーポイントは生産性
    Custom Designer SEの”Smart Connect”配線テクノロジは、スケマティックの配線という面倒なタスクに直面するユーザの負担を大幅に削減します。 マウス・クリックとキー入力の操作によって最も近くにある配線ポイントを迅速に識別して自動的に接続する"Smart Connect"は、ワイヤ配線時の生産性を大幅に向上させます。 “Smart Connect”テクノロジにより、配線段階におけるすべての結線を、厄介な操作なしで、またマウスによる面倒な整列や複雑なコマンドなしで、迅速に作成できます (図1を参照)。

    Custom Designer SEのDynamic Net Highlighting機能は、回路内の同じネット名を持つすべてのワイヤを直ちに表示します。 コネクティビティが画面上に即座にフィードバックされるため、安易なミスを回避することができます。 この機能はベクターのネットに対しても使用できます。

    Custom Designer SEの”On-Canvas Editing”機能により、設計者は、オブジェクトを指定してReturnキーを押すだけで、パラメータ値、ピンのラベル、ネット名、およびインスタンス名を画面上でダイレクトに素早く変更することができます。 さらに、パラメータ値の編集時(スクリプト実行時も含みます)、Custom Designer SEで値を変更するとデバイスのコールバックが自動的に実行されるので、テープアウトを中止に追い込むようなデザインの同期化の問題が回避されます。

    シミュレーションと解析環境
    今日の困難なAMS/カスタム設計で解析、検証、デバッグの複雑な作業を行うには、徹底的に生産性を意識した最先端のツールが必要です。 Custom Designerのシミュレーションと解析環境は、AMS回路開発時に発生する数千の回路シミュレーションを作成および管理するため、Galaxy Custom Designer SEの最新ツールと手法を提供します。

    メイン・コンソールの概要
    メイン・コンソール(図2)は、現在の設計の変数、解析、出力をハイレベルで観測することを可能にするので、シミュレータ構文の詳細を気にせずに設計に専念できます。

    設計者の生産性が向上する機能として、ユーザがメイン・コンソールで値を直接操作できる”Edit-in-place”機能などがあります。 コンソールのエントリを設定したり、詳細に制御するための固有のダイアログも用意されています。

    ユーザは複数の環境コンソールを1つのCustom Designerセッションから実行できるため、同じ設計の異なるバージョン間、または異なる設計間の結果を並べて比較することが可能です。

    図2: 画面
    図2: 変数、解析、測定をトップレベルで表示する
    Custom Designerシミュレーション/解析環境のメイン・コンソール

    この環境は、Custom WaveViewと共通の、ユーザが拡張可能な言語をサポートします。 この機能により、ユーザは使用中のシミュレータから独立した複雑な評価式を作成し、変更を加えることなく、目標のデザインまたは抽出されたデザインに適用できます。

    メイン・コンソールの解析セクションに、実行する各種シミュレーションが表示されます。 この環境では、シミュレーション構文の詳細を非表示にして、使いやすいシミュレータ固有のダイアログを使用することにより、設計の生産性が向上します。 選択可能なすべての解析とそのオプションがユーザに明示されるため、必要に応じて取り消したり修正することができます。 複雑なAMSシミュレーションで生成される大量のデータを収集および管理する出力セクションも、この環境の重要な部分です。 出力セクションの各行は、スケマティックまたはテキスト表示のクロス・プローブから選択可能な測定値またはResults Analyzerで生成された測定値です。

    出力セクションへの各エントリにより、結果の表示に必要なすべてのデータを保存するためのコマンドも出力されます。 シミュレーションの実行後、スカラデータ結果がテーブルに自動表示されます。同時にCustom WaveViewでは、さらに詳細な解析の対象となるベクトルデータが自動表示されます。

    Results Analyzerによる生産性向上
    Results Analyzerは、一般的な測定や計算のための高機能なツールボックスで、生産性を大幅に向上させることができます(図3を参照)。

    シミュレーションの実行後、ユーザはResults Analyzerツールボックスを利用して、一般的な測定と複雑な測定のいずれをも迅速にプロセスし、その結果をCustomExplorer™またはCustom WaveViewに表示できます。 たとえば、Results Analyzerのツールパレットを使用すると、2つのネットをクリックするだけで、差動ネットの電圧測定を容易に設定できます。 適切なシミュレーション波形の取得と等式の計算が行われ、その結果がCustom WaveViewに表示されます。

    その他のツールとして、信号の合計電力検出やアイダイアグラム表示などの一般的な機能があります。 また、Results Analyzerには結果を評価するための独自の式も用意されています。 式は、他のスクリプトやセッションにコピーしたり、波形計算ツールまたはCustom WaveViewで直接使用することができます。

    図3: Custom Designer
    図3: Results Analyzerでは、共通に使用される解析を容易に操作できるため、
    設計者の生産性が向上

    リグレッション・スクリプト
    設計者による環境の初期作業が完了した後、バックグラウンドで実行してセッションの測定を再生することが可能なリグレッション・スクリプトを生成できます。 この機能は他の設計でも使用可能であり、ユーザの環境を独占しないため、設計者の処理能力と生産性が向上します。

    Tclをベースにしたリグレッション・スクリプトは、修正したり、バッチ実行で使用することができ、プロセス・ライブラリやその他の条件の変更に対応することもできます。

    パラメータ解析、コーナー解析、モンテカルロ解析の統合
    Custom Designer SEのシミュレーション環境は、パラメトリック解析、コーナー解析、モンテカルロ解析の統合機構を備えており、デザインの動作を把握するために必要な数千のシミュレーションのセットアップ、起動、リカバリを簡素化します。

    メイン・コンソールの解析セクションに表示されるパラメトリック解析ダイアログは、必要に応じてネスト化されたスイープコマンドを追加し、依存関係を管理して、正確なシミュレーション結果を確保できます。

    コーナー解析ダイアログでは、シミュレーションの前にパラメータ値やモデル・ライブラリを設定し、個別のセクションに整理することができます。 コーナー・ツールをCustom Designer SEの分散処理機能と組み合わせることで、シミュレーションを各CPUにて実行し、その結果を集計することができ、デザインのプロセスコーナーや温度などの変数の効果を詳細に理解できます。

    モンテカルロ機能は、プロセスばらつきの全体的な統計解析を行うことにより、シミュレーション量を削減するために役立ちます。 また、モンテカルロ機能はHSPICEのばらつき解析と緊密に統合されており、効率と精度が向上します。 (図4を参照)。

    組み込みの分散処理機能
    Custom Designer SEのシミュレーションと解析環境は、コンピュートファームのリソースとシミュレータのライセンスを最大限に有効利用することを目的にしています。 Platform Computing™のLSFとSun Microsystems®のSun Grid Engineグリッド管理製品のネイティブサポートを含むCustom Designer SEでは、分散ジョブの起動とリカバリ、および結果の管理を行うことができます。 この機能を使用することで、コーナー解析、モンテカルロ解析、パラメータ解析のシミュレーション処理速度を向上させることが可能です。 また、Custom Designer SEには、固有のグリッド管理ソフトウェアの統合を容易にするオープンなアプリケーション・プログラミング・インターフェイス(API)が用意されています。

    これら3つの機能の連携により高い柔軟性が実現し、設計者は、必要に応じて、コーナー解析やモンテカルロループ内でのスイープ解析などのネスト化された解析を実行できます。

    オープンでインターオぺラブルな拡張性の高い環境
    Si2のOpenAccessデータベースを基礎とし、業界標準のTclスクリプト言語による高い拡張性を備えたCustom Designerのオープンな環境は、CADグループが新しいツールを環境に迅速に追加することを可能にします。

    Custom Designerのオープンな基盤は、設計データに自在にアクセスできる環境を提供し、EDA業界に変遷をもたらします。 固有の言語、データベース、拡張子を持たないCustom Designerでは、システムの設計基盤を詳細に可視化し、インメモリ・データやランタイム・オブジェクトへのアクセスなどの高性能アプリケーションの統合および開発が可能です。

    またCustom Designerは、メニューやツールバー・アイコンなどの標準コンポーネントへのアクセスを提供するので、すべてのCustom Designerツールを通して一貫したユーザ・インターフェイスを開発できます。

    Custom Designerのオープンなシミュレーション環境には、オープン・ソースコードが同梱されたProgrammable Netlisterも含まれ、カスタム・ネットリスト・フォーマットの迅速なインプリメンテーションが可能です。 このネットリスターは、PEL/SEL、CDFの “netlistInfo”属性、extracted viewのネットリスト作成を含むComponent Definition Format(CDF)パラメータをサポートします。

    図4: Custom Designer
    図4: すべてのシミュレーション・オプションをグラフィカルに設定できるCustom Designerのモンテカルロ解析

    Custom Designer全体で共有されるパワフルな機能
    新しい高機能のGUIテクノロジは、Custom Designerシステム全体に、すべてのコンポーネントに共有される独自機能を提供します。

    Custom Designerはツール全体で多彩な状況依存メニューをサポートし、同じ使用モデルをすべてのユーザ・サブシステムで共有します。

    Custom Designerのプロパティ・エディタでは、選択したインスタンスのプロパティ値の個別編集または一括編集が可能です。 タブ表示により各種デバイス・タイプの編集が容易に行え、"As-Is"テクノロジにより値のミスマッチが明示されます。

    Custom Designerの"Transaction History"は、スケマティックとレイアウトの編集工程でのすべてのデータ作成/操作コマンドを記録する、洗練されたundo/redoシステムです。 いつでも呼び出し可能なこのコマンド記録はセルビューごとに独立しているので、編集手順の復元が容易です。

    すべてのCustom Designerコマンドはログ・ファイル(.logおよび.tcl)に記録され、ツールで再現することができます。 これは、反復が必要なタスクのマクロを作成するときに有効です。

    最近使用したコマンドのアイコンはヒストリ・ツールバーに表示され、 以前に使用したコマンドの再起動が容易です。 Custom Designerは標準およびユーザ定義のバインドキーもサポートするので、ユーザ独自の設計方式に合わせてシステムをカスタマイズすることができます。

    Custom Designerに搭載された単一のジョブ・モニタによって、Custom Designerのネイティブ・ツール、もしくは環境に統合されているその他のツールから起動されたすべてのバッチジョブおよび対話型ジョブが記録されます。 異なる複数のセッションにわたるジョブのステータスが保存されます。

    サポート・プラットフォーム
    • 32/64ビット向けX86
    • Red Hat Enterprise Linuxバージョン4および5(AS、ES、WS)
    • SUSE Linux 10および11(AS、ES、WS)