ARM® Cortex™プロセッサ向けVDKファミリー  

現在お使いの組込みソフトウェア開発環境を拡充  

ハードウェアの完成を待って実際のソフトウェア開発に取りかかる現在のやり方にご不満はありませんか?
開発対象のソフトウェア量が増大し、ハードウェア・プラットフォームが複雑化していく中で、
納期を守るにはどうすればいいか途方にくれていませんか?
ARMコアを搭載したデザインの最適化ソリューションをお探しではありませんか?

様々なアプリケーション分野のSoCに搭載されるプロセッサ・コアの数や複雑度の増加に伴い、ソフトウェア開発を可能な限り早期に開始する必要性が高まっています。複数個のARM®プロセッサ・コアが、モバイル機器、コンシューマ機器、企業向け大規模システム、自動車など広範囲にわたる製品に搭載されるようになっています。こうした状況下で、ソフトウェアのボリュームは増え続け、その一方で開発期間には短期化の圧力が強まっており、ソフトウェアの早期開発開始を可能にする開発環境を求める声はかつてなく高まっています。ARMプロセッサ向けVDK (Virtualizer Development Kit) ファミリーは、こうした広範囲にわたるアプリケーション分野の開発を支援するモデル群とツールをご提供します。シノプシスのARMプロセッサ向けVDKは、全てのCortex®ファミリー (Cortex-M、Cortex-R、Cortex-A) や・テクノロジをサポートしており、またソフトウェア開発者が現在使用しているソフトウェア・デバッガをそのまま活用できるため、ソフトウェア・エンジニアの皆様の開発期間短縮を支援できる最も有効なソリューションとなっています。

VDKは、開発対象の組込みシステムの仮想プロトタイプとして使用できるソフトウェア開発キットです。広範囲にわたるソフトウェア開発ケースをサポートしているだけでなく、半導体開発企業内部のソフトウェア開発者はもちろんのこと、その納入先企業やパートナー企業のソフトウェア開発者にも活用していただけます。VDKは、マルチコア向けソフトウェアのデバッグ/解析ツール、リファレンス・ソフトウェア・スタック、ARMv7およびARMv8プロセッサ・ベースのリファレンス・デザインで構成されているため、ソフトウェア開発環境としてすぐに利用を開始いただけます。また、これらのリファレンス・デザインは、シノプシスのバーチャル・プロトタイピング・ソリューション Virtualizer を用いて、開発対象のARMv7/ARMv8プロセッサ・ベースSoCに合わせてカスタマイズすることもできます。さらに、VDKを使用すればソフトウェア開発者は、システム全体で稼動するソフトウェアの開発はもちろん、システム上の個々のIPコンポーネントのためのソフトウェア開発 (DesignWare Interface IP 向けのデバイス・ドライバのポーティングなど) から効率的に着手することもできます。

ARM Cortexプロセッサ用VDKファミリーには以下のようなメリットがあります。
  • ボードが使用できるようになる12か月前までにソフトウェア開発を開始可能
  • 設定不要で、Linux、Android、マルチコア・タスク・マイグレーション・ソフトウェアを使用可能
  • マルチコア/マルチクラスタ・ソフトウェア分析機能を用いて、最高の動作性能と消費電力効率を実現
  • ARM、Lauterbach、GNUなどのソフトウェア・デバッガを利用できるプラグアンドプレイ統合
  • 他のシステムコンポーネントを追加することで、カスタマイズが可能なコンフィギュアブルCortexプロセッシング・システム
シノプシスのDesignWare Interface IP群向けのソフトウェア開発を短期化
VDKファミリーは、広く普及している各種DesignWare Interface IPのモデルもご提供しています。デフォルトでご提供しているリファレンス・バーチャル・プロトタイプ・モデルを活用したり、Virtualizerやプロジェクト支援のサービスを利用してご希望のDesignWareモデルを容易に追加できるため、ソフトウェア開発者は、デバイス・ドライバのような特定のペリフェラルIP向けソフトウェアの開発をプロジェクト早期段階で迅速に開始できます。
  • すぐに使えるリファレンスOS/ドライバ/ミドルウェア
  • DesignWare Interface IPを用いたVDKの構築に便利なリファレンス・バーチャル・プロトタイプ・モデル (すぐ使用できるUSB 3.0/USB 2.0/Ethernet GMAC/モバイル・ストレージ/I2CなどのIPモデル)
  • システム全体で高い可視性と制御性を提供するためデバッグ効率が向上
  • 非侵入型のデバッギングと完全にスクリプト可能な環境により、問題箇所の再現とリグレッション・テストを実行
  • ARMv8 64-bitアーキテクチャ向けに既存あるいは新規開発のドライバ・コードの最適化/リターゲットが可能

ARM® Cortex®プロセッサ向けVDKファミリー
ARM® Cortex™プロセッサ向けVDKファミリー



NewsArticlesBlogsDatasheetsSuccess StoriesWhite PapersWebinarsVideosNewsletters