完備な太陽光発電システムのシミュレーション 

太陽光発電システム設計の性能と信頼性を最適化  

イントロダクション
SaberとTCAD Sentaurusは、従来の数分の一の時間とコストで無垢のセルテクノロジから最適化されたソーラーパワーシステムへの道筋を開きます。業界で実証済みのこれらのツールは、太陽電池の複合構造とパワー・エレクトロニクス・システムの両方でのバーチュアルプロトタイピングと検証にとって必要とされるシミュレーション機能を備えています。

太陽光発電システムの設計の課題
  • 配線損失を最小化する
    • 光強度と入射角
    • 温度の変動
    • 電気的環境
  • 電力変換を最適化する
設計目標
  • 設計性能と信頼性ターゲットを最適化する
  • システム性能への変動の影響を低減する
  • 製造コストを削減する
Saberシミュレーションの利点
  • 用途に応じて最適化された太陽電池と完備なシステムの開発
  • 物理的な製造を行う前にテストおよび検証できるシステムレベルのバーチュアルプロトタイピング

Saberの太陽光発電システム回路図の事例

追加情報と関連トピック
Simulation in Photovoltaics with TCAD Sentaurus and Saber: From Solar Cells to Systems(TCAD SentaurusとSaberによる光発電のシミュレーション: 太陽電池からシステムまで)(ウェビナー)
Simulation In Photovoltaics: From Solar Cells To Full-Scale Arrays(光発電のシミュレーション: 太陽電池からフルスケールアレイまで)(記事)
Solar Cell Simulation – Synopsys TCAD for PV Cell Performance and Cost Optimization(太陽電池のシミュレーション – 光発電の性能とコストを最適化するSynopsys TCAD)