メディア・ストリーミング・フレームワーク 

 
DesignWare® ARC® Multimedia MQXは、DesignWare ARC AS211SFXおよびAS221BDオーディオ・プロセッサでのオーディオ処理に対応する軽量のメディア・ストリーミング・フレームワーク(MSF)です。

複数のオーディオ・ソフトウェア・コーデックや機能を包括的なメディア・ストリーミング・ソリューションに統合する場合、複雑で手間のかかる作業になる可能性があります。 ARC Multimedia MQXは、オーディオ処理のストリーミング・フレームワークを構築するための包括的なソフトウェアを提供します。 ARC Multimedia MQXオーディオ・ソフトウェアの機能(デコーダ、エンコーダ、ポストプロセッシング、ストリーミング)はインスタンス化やコンフィグレーションが容易で、ユーザーが新しいオーディオ・グラフやオーディオ・ソフトウェア・スタック全体を手軽に作成して固有のユースケースに利用することができます。

ARC Multimedia MQXには、ユーザーがシステムに外部ホスト・プロセッサを必要とすることなく、包括的なデジタル・シグナル・プロセッシング(DSP)・ソリューションを作成できるARC MQXオペレーティング・システムが含まれています。

また、ARC Multimedia MQXには、包括的なBlu-ray Disc™オーディオ・ソフトウェア・インフラストラクチャを利用できるARC Reference Design(ASRD)も含まれます。

ARCのオーディオ・ソリューション製品群にはすべてのブルーレイ・ディスク・コンポーネント(ライセンスは別売)が含まれます。

機能
  • メディア・ストリーミング・フレームワーク
  • 組み込みのMQXリアルタイム・オペレーティング・システム(RTOS)
  • 単一のDSPコアをサポート
  • 複数のDSPコアをサポート
  • AV同期のサポート
  • リファレンス・デザイン
MSF
MSFソフトウェアでは、ユーザーは用途に応じてコンフィギュラブルなグラフベースのチェーンを作成して柔軟なオーディオ処理を行うことができます。 MSFには次の機能があります。
  • 複数の独立した処理グラフを作成可能
  • マルチコアのサポート、拡張マルチトラックI/Oのサポート、ユースケース管理のためのラッパー
軽量の組み込みARC MQX RTOSにより、ARC DSPコアの単独操作が可能です。 シングル・コア(AS211SFX)とデュアル・コア(AS221BD)のプロセッサベースのオーディオ・システムがサポートされます。

ユースケース
ユーザーはアプリケーション・プログラミング・インターフェイス(API)を使用して固有のユースケースを簡単に作成できます。 オーディオのユースケースには、デコード、エンコード、ポスト・プロセッシング、ストリーミングなどの複数機能の並列実行や、1つまたは2つのDSPコアの同時実行が含まれることがあります。

リファレンス・デザイン
AS221BDオーディオ・プロセッサを使用したASRDには、簡単に利用できるようにさまざまな定義済みユースケースが用意されています。
  • プレーヤー(ファイル、例: mp3)
  • レコーダー(音声、オーディオ)
  • ブルーレイ・ディスク・オーディオ(プレーヤー)

用途
ユーザーはオーディオの幅広い用途に応じたオーディオ・グラフを作成できます。 対象用途としては、ブルーレイ・ディスク、デジタル・テレビ、セットトップ・ボックス、A/V受信機、スピーカー・バー、ドッキング・ステーション、メディア・プレーヤーなどがあります。

PDF DesignWare ARC Multimedia MQXに関するデータシート