信頼性と回路チェック

信頼性と回路チェックの特長

AMS解析範囲の拡大と生産性の向上

スタティック/ダイナミック回路チェックにより、検証範囲が拡大され、シミュレーションで見落とされる可能性のある問題箇所を発見できます。最新型の回帰および解析環境がミックスドシグナル検証を効率的に実行し、生産性を向上します。

シノプシスの回路信頼性解析ソリューションでは、複雑な電源配線を持つアナログ回路、ミックスドシグナル回路、メモリ回路、カスタムデジタルIP回路についてトランジスタレベルのEM/IRドロップ解析を行うことができます。高度な電力管理技術によって電力消費量を削減し、バッテリ寿命を延ばすことが可能です。しかしながら、レベル・シフタの挿入不足、フローティングゲートの存在、バルク基板ダイオードへの誤った順方向バイアスなどの設計ミスは、過剰な電力消費と信頼性問題の原因につながります。このような電気的な問題の原因を回路シミュレーション・ツールで検出することは困難です。CustomSimの回路チェック・テクノロジは、ビルトインかつプログラム可能なスタティック/ダイナミック・チェック機能のスクリプトにより、シミュレーションの開始前に電気的な違反を検出し、シミュレーションの実行時に設計エラーをモニタリングします。