FineSim

マルチコア/マルチマシン対応の回路シミュレーション

FineSimは、高性能の高速SPICEシミュレータです。FineSim独自のマルチコア/マルチマシン・シミュレーション機能により、実行速度とキャパシティが飛躍的に向上します。FineSimは大規模で複雑なアナログ回路およびDRAM/SRAM/フラッシュ・メモリ設計のシミュレーションに最適です。FineSimを、シミュレーション環境(SAE)で使用すると生産性を改善する高速のSPICEシミュレーション・ソリューションになります。

FineSimマルチコア/マルチマシン・フルチップ回路シミュレーション

FineSimマルチコア/マルチマシン・フルチップ回路シミュレーション 

機能

  • 単独で実行可能な機能で精度と性能を組み合わせて、大規模なミックスドシグナル設計のシミュレーションを高精度なSPICEおよびFastSPICEソルバで実行可能。これにより設計検証プロセス全体を通じて、速度と精度のトレードオフを完全にコントロールできる。
  • マルチコア/マルチマシン・シミュレーションにより1,000万以上のトランジスタを含む大規模で複雑なシステムでもシリコン精度の結果を実現。この画期的な技術により、複数のコア上で真のSPICEシミュレーションが可能になり、性能、キャパシティともにリニアに向上。
  • 先進のSPICE/FastSPICEソルバにより比類ない性能を実現し、シングルコアのシミュレーションで実行速度が3〜10倍向上。マルチコアのシミュレーションでは、CPUの個数に比例して性能はリニアに向上し、場合によっては20〜30倍以上の性能向上を実現。
  • 一般にシミュレーション収束の問題となりがちなアナログ、ミックスドシグナル、メモリ、カスタム・デジタル、SoCのあらゆるデザイン(PLL、ADC、SerDes、パワーマネージメント、チャージ・ポンプ、メモリなど)においてシリコン精度の結果を実現。