OAuth 2.0を使ったAPIへの安全なアクセス

最新のウェブでは、多くの API が適切なアクセス制御の実装を OAuth 2.0 に依存しています。このため、これらの API にアクセスするアプリケーションは OAuth 2.0 に対応している必要があります。しかし、OAuth 2.0 には 4 つの主要フローがあり、それぞれが特定のシナリオに対応しています。このコースでは、OAuth 2.0 を使用してリモート API にアクセスする方法に焦点を当て、クライアントの登録、さまざまなフロー、追加のセキュリティに関する配慮について見ていきます。

学習の目標:

  • クライアント アプリケーションを登録する方法と適切な許可を要求する方法について説明する。
  • 処理している使用事例に適切な OAuth 2.0 フローを選択する。
  • OAuth 2.0 を使用するアプリケーションを実装してリモート API にアクセスする。
  • 考慮する必要のある追加のセキュリティ上の考慮事項について説明する。

実施形式: eラーニング

所要時間:  1 時間

レベル: 中級

対象者:

  • フロントエンド開発者
  • バックエンド開発者
  • 設計者

前提条件:

eラーニングのお問合せ


250 / 250

その他のeラーニングのコースはこちら