ヘルスケアのセキュア開発

Course Description

このコースでは、ヘルスケア向けアプリケーションの構築に関する現在のコンプライアンス状況について学習します。医療情報は、個人情報の中でも最も機密性が高く、重要なカテゴリーです。このコースの目標は、法律やコンプライアンスの枠組みによって提起されるか、またはベスト・プラクティスとして確立されている健康情報を保護するための要件を概説することです。認証、認可、アクセス制御の要件を重点的に取り上げ、HIPAAやHITECH Actなど、法令によって導入された暗号化とデータの整合性の要件について理解を深めます。また、漏えいの検出と通知に関する要件も紹介します。コースの最後には、医療機器向けのソフトウェアを開発し、医療機関で展開するための要件を説明します。

Learning Objectives

このコンテンツを修了すると、次のことができるようになります。

  • ヘルスケア向けの主要な法的およびコンプライアンスの枠組みと、アプリケーションの開発に適用される要件について理解する。
  • 個人の健康情報を特定し、それを適切に保護するためのセキュリティ管理を実施する。
  • 認証および健康情報へのアクセス制御に関するベスト・プラクティスを実施する。
  • 漏えいの通知の要件を理解する。
  • 医療機器向けのソフトウェアを開発し、さらに医療機関で展開するためのセキュリティおよびプライバシーに関する要件を説明する。

Details

Delivery Format: eLearning

Duration: 1 hr

Level: 初級

Intended Audience

  • 設計者
  • バックエンド開発者
  • エンタープライズ開発者
  • フロントエンド開発者
  • モバイル開発者
  • QAエンジニア

Prerequisites

  • N/A