SAMLのセキュリティ

コースの説明

SAMLはパーティー間、特にIDプロバイダーとサービス・プロバイダー間の認証・認可のやりとりを行うためのXMLベースのオープン・スタンダードのデータ形式です。このコースは、SAMLメッセージの主要なコンポーネントやSAMLのやりとりの主なアクターを理解し、SAMLの一般的なユースケースの流れを追跡するために役立ちます。

コースのテーマ

  • 複数の異なるIDドメインを1つの大きなアプリケーション・グループに統合する
  • IDプロバイダーを使用してこれらのアプリケーションにシングル・サインオンする
  • ユーザーIDの統合による管理、一貫性、全体的な安心感の向上

学習目標

  • どのような場合にSAMLがIAMの問題への解決策になるかを理解する
  • 基盤コンポーネントとSAMLからパートナーへの移動部品について説明する
  • SAMLのIDプロバイダーとサービス・プロバイダーの役割をチーム・メンバーに説明する
  • SAMLソリューションの実装計画を作成する

詳細

実施形式:eラーニング

所要時間:45分

レベル:中級

対象者:

  • バックエンド開発者
  • エンタープライズ開発者
  • アーキテクト

必要な能力:

  • Web開発とHTTPの基本に関する理解
  • 認証とアクセス制御の基本に関する理解
  • 暗号の基本に関する理解

前提条件:

eラーニングのお問合せ


250 / 250