高度な OAuth 2.0 のトピック

API を公開しているほとんどすべての企業は、委任フレームワークとして OAuth 2.0 を使用するのが主流になっています。これを受けて OAuth 2.0 は依然として活発に開発されており、多種多様で複雑な展開シナリオがサポートされています。このコースでは、いくつかの新機能と今後の機能について説明します。また、OAuth 2.0 を使用してユーザー認証を行うという一般的に誤解されているシナリオについても検討します。

学習の目標:

このコンテンツを修了すると、次のことが可能になります。

  • OAuth 2.0 を使用して安全なサードパーティ認証シナリオを実装する
  • OAuth 2.0 トークンを取り消すための技術的要件を説明する
  • トークン盗難の課題と OAuth 2.0 エコシステムの潜在的なソリューションを説明する
  • モバイル アプリケーションなどの代替シナリオで OAuth 2.0 を展開する方法を説明する。

実施形式: eラーニング

所要時間 :  1 Hr

レベル: レベル: 上級

対象者 :

  • 設計者
  • バックエンド開発者
  • モバイル開発者
  • フロントエンド開発者

前提条件 :

  • OAuth 2.0 のセキュリティ 

eラーニングのお問合せ


250 / 250

その他のeラーニングのコースはこちら