GDPRが適用されます。準備はできていますか? 

数字で見るGDPR

EU一般データ保護規則(GDPR)は個人情報に関する個人の権利を保護する目的で制定されました。この規則では、組織のデータ保護とセキュリティ対策の強化が求められています。シノプシスは、EU在住者の個人データの保存、処理、転送を行う企業のGDPRへの準拠を支援するソフトウェア・セキュリティ・リスク評価および脆弱性管理ソリューションをご提供しています。

インフォグラフィックをダウンロード

  • 2018年5月25日

    GDPRの適用が開始された

  • €20,000,000

    準拠違反に対しては処罰の可能性がある

  • 72 時間

    違反を当局に通知する期限が定められている

GDPRへの準拠を支援するセキュリティのベストプラクティス

Webセミナーを視聴する

セキュリティの向上とGDPR準拠リスクの低減を目指しているお客様へ

  1. ソフトウェア・ライフサイクル(SDLC)全体にわたってアプリケーション・セキュリティ・テストを統合および自動化します。
  2. アプリケーションで使用されているオープンソース・コンポーネントとサードパーティー製APIを追跡および管理します。
  3. 新たに報告された、運用環境のソフトウェアに影響する脆弱性を監視および修正します。
  4. スタッフのトレーニングと能力向上を図るセキュリティ・プログラムにより、セキュアなコードの構築を支援します。
GDPR準拠のカギ

GDPRのコンプライアンス・リスク低減を支援するシノプシスのソリューション

シノプシスは、個人データの処理に使用するソフトウェアおよびシステムのセキュリティ・リスクの状態を評価することにより、25条、32条、35条への対応を支援します。シノプシスのソリューションの一部をご紹介します。

 

GDPRに備える