マチュリティ・アクション・プラン(MAP)

ソフトウェア・セキュリティ・プログラムの構築/成熟のための明確な指針

シノプシスのマチュリティ・アクション・プラン(MAP)は、ソフトウェア・セキュリティ対策(SSI:software security initiative)の構築/成熟を促進します。MAPは、SSIの新規の定義・構築、現在の対策の評価・成熟を支援するソフトウェア・セキュリティ・ロードマップを提供します。MAPにより、現在の状態を可視化し、コスト/リソースの予測など、達成可能な将来の状態を定義できます。

顧客固有のソフトウェア・セキュリティ・ロードマップを設計

顧客固有のソフトウェア・セキュリティ・ロードマップを設計

MAPの取り組みにより、企業が導入する必要があるソフトウェア・セキュリティ戦略、機能、活動が明確になり、現在のSSI機能、将来の状態、人口統計、文化に関する偏りのないスナップショットと詳細で実践的なインプリメンテーション・プランを獲得し、既存の強みを活かして新しいSSIを構築できます。

ソフトウェア・セキュリティ戦略の成功を目指す

シノプシスは、プログラムの全体的な成熟度と戦術的ソリューションの強化に関する戦略的な推奨事項を提示し、以下のような具体的なアプリケーション・セキュリティ・プログラムの新規導入または向上を支援します。

顧客の個人情報を保護して信頼を強化する

シノプシスは、より包括的なソフトウェア・セキュリティ戦略を策定するために必要な手順とプロセスの決定を支援します。

こちらをご覧ください

SSIの効果を評価する優れた、唯一の反復可能な方法をぜひ導入してください。

BSIMMは現在の状況を示し、MAPは対策と改善方法を提示します。

MAPにSSIを導入する準備は整いましたか

MAPにSSIを導入する準備は整いましたか

ソフトウェア・セキュリティ・ロードマップは、SSIの導入開始または既存のSSIの成熟化を検討しているお客様をコスト効果の高い効率的な方法で支援します。