アカデミック・プログラム

シノプシスのソフトウェア・テスト・ソリューション製品群の基盤テクノロジは、1998年~2002年にカリフォルニア州パロアルトのスタンフォード大学コンピュータ・システム研究所の博士課程の学生と研究者のグループによって開発されました。2003年、オープンソース・プロジェクトの数千の重要な不具合を検出可能な最初のシステムをリリースした直後に、その考案者たちは複雑なソース・コードの解析を根幹から変革する手法に対する特許を取得しました。このソフトウェアは商用に解放され、そのチームが現在のSynopsys, Incを設立しました。

静的解析は学問研究から発祥した古くからあるテクノロジですが、業界で重要な牽引力を獲得したのはつい最近のことです。コード行が膨大になっている最近のソフトウェア・システムでは、システム開発における不具合検出の自動化を支援するテクノロジの重要性が高まっています。アカデミック環境でこのテクノロジを利用することによって、学生や研究者の皆様にメリットがあると確信しています。そこで、シノプシス・アカデミック・プログラムでは、受講形式または非営利学術研究の一環として、業界をリードするシノプシスの静的解析ツールを利用してソフトウェア・コードの開発およびテストを行う機会を大学に提供します。

現在、以下のような世界の26の主要大学が学問・研究プログラムにCoverity Quality Advisorを利用しています。

大学の一部ではアカデミック・プログラム、またはリサーチプログラムでCoverity 静的解析を利用しています。

University of California Berkeley
University of Alabama in Huntsville
Stanford University
University of Virginia
The University of New South Wales
University of Oxford