ファジングによる5GとIoTのセキュリティ対策

5Gは、4G LTEに比べて最大100倍の速度、100倍の容量、10分の1の遅延を実現し、多くの産業に革命をもたらします。しかし、5Gは優れたパフォーマンスを提供するだけでなく、この次世代ネットワークに依存するアプリやIoTデバイスの攻撃対象領域を拡大します。既知のエクスプロイトに加えて、未知の攻撃も発生する可能性があります。

ファジング・テスト(またはファジング)は、5Gおよび4G LTEネットワークを使用し、ソフトウェアとデバイスに不正な形式のデータを送信して、手順の不適切な処理、無効な整合性保護、およびセキュリティ手順のバイパスを見つけることができます。 このホワイトペーパーでは、5G、Wi-Fi、およびIoTテクノロジーの背景と、それらのよく知られた脆弱性のいくつかについて説明します。 また、先進世代のファジング・ツールであるDefensicsが300近くの既成のテスト・スイートとカスタム・スイートを使用して、未知の脆弱性を発見する方法についても説明します。

ホワイトペーパーをダウンロードする


主な内容

  • 5Gで何百億ものIoTデバイスが利用可能になる方法
  • IoTデバイスがボットネットやサービス拒否攻撃に対して非常に脆弱な理由
  • Defensicsが5Gおよび4G LTEだけでなく、IPv4、802.11 WLAN、Wi-Fi、Bluetoothの脆弱性を検出し、テストする方法

 ホワイトペーパーをダウンロードする