医療技術のセキュリティと規制の現状

医療機器は、ネットワーク接続せず単独で使用する技術だったものが大きく進歩し、患者により質の高い医療を提供するために急速に進歩し続けています。放射線機器から、ウェアラブル機器、埋め込み型機器に至るまで、相当数の医療機器およびシステムに、ソフトウェア・コンポーネントや相互接続機能が備わっています。それらを臨床診療に採り入れることもかなり多くなっています。米国の病院では、平均して1 床当たり10 ~ 15 台のネットワーク接続型医療機器があります。

これにより、患者の監視、PX(患者経験価値)、医療提供の効率、ワークフロー管理、全体的な臨床転帰が改善されますが、意図せず、ネットワークに接続されたこれらの医療機器がさらに脆弱になり、悪意のある攻撃やプライバシー侵害を受けやすくなっています。

ホワイトペーパーをダウンロード


MedTech Dive社がシノプシスのために独占的に作成した本レポートでは、医療機器と医療用IoTに関する現在のセキュリティと規制の状況を検証しています。 

ホワイトペーパーをダウンロードして、以下の内容をご覧ください。 

  • FDAのガイダンスと要件
  • 医療機器開発者が直面するセキュリティ上の課題
  • これらの課題に対するベスト・プラクティスとソリューション