DO-178準拠のソフトウェアを予算/スケジュール内で開発するには

航空機搭載のシステムや装置のソフトウェア開発において、安全性の確保は最も重要な課題の一つですが、民間航空機においてソフトウェアが原因で重大な事故が発生したという報告はあまり耳にしません。これは、安全規格DO-178の功績によるものが大きいと言えます。ですが、安全確保の面での成果のうらに、決して小さくないコストやスケジュールへの影響があることも事実です。予算や納期の超過を防ぐには、ソフトウェア・テストのツール選定を慎重に行う必要があります。DO-178C規格に準拠するには、以下の様な要件を満たすツールを選定すべきです。このホワイトペーパーはこれらの内容を詳しく解説しています。ソフトウェア開発ライフサイクルの各フェーズに統合可能コーディング・スタンダードへの準拠を支援する文書作成のためのリバース・エンジニアリングといったコストやスケジュールへの影響を低減するDO-178Cで定義されるツール資格認定を得ている