Synopsysソフトウェアインテグリティプラットフォームによる、ISO 26262ガイドラインへの適合

一般的な自動車は1億行のプログラムコードを保有しているといわれています。

ブレーキやパワーステアリングといった安全に関わるシステムから窓やドアに至るまで、ソフトウェアが制御しています。一方で平均して1つの自動車に15万のバグが存在しているともいわれています。それらは、ブランド棄損や利用者の安全への影響にもつながりかねません。

ソフトウェア開発のテスト工程は、品質とセキュリティに関わる問題の容易な特定と修正を開発ライフサイクルの早期段階に実施し、開発者や経営層、ビジネスを支援するべきです。コードが書かれる段階で修正されることで、製品の市場投入やコスト、顧客満足への影響は軽減されます。

ISOは車両安全確保のためISO 26262の第4版を発行しています。これは実現可能な要件やプロセスを通してシステムの不具合や不意なハードウェア障害といったリスクを回避するためのガイドです。10のパートからなり、システムレベルの製品開発や生産と運用、製品開発、支援プロセスなど自動車安全ライフサイクルの広範な範囲を扱っていますが、シノプシスのソフトウェア・インテグリティ・プラットフォーム製品であるCoverityやTest Advisorは主にパート6 : ソフトウェアレベルの製品開発に貢献します。

ダウンロード