コロナ禍の危機:モバイル・アプリケーション・セキュリティの現状 

ソーシャル・ディスタンスやロックダウンなど行動の制限が課されたことにより、世界は瞬く間にオンラインへと移行しました。私たちの仕事、学習、交流のあり方は不可逆的に変化したのかもしれません。その結果、ライフスタイル、教育、金融など、私たちの生活のあらゆる分野において、日々の活動をこれまで以上にモバイル・アプリケーションに依存する文化が生まれています。

しかし、それらのアプリケーションはどの程度安全なのでしょうか。それらのアプリケーションは、私たちが日々信頼するに値するものでしょうか?

シノプシスは、新型コロナウイルスの世界的流行下で、3,000以上のモバイル・アプリケーションを分析し、そのセキュリティの状況を調査しました。

こちらからダウンロードください


3つの潜在的セキュリティ・リスクについて分析を実施しました:

  • よく利用されるアプリケーションのオープンソース・コンポーネントに既知の脆弱性が潜んでいないか
  • アプリケーションのコードに機密情報が残されているなど、情報漏洩のポイントがないか
  • 危険な、または不必要なアクセス許可が存在していないか

我々の調査によって、アプリケーション開発者とその所属組織、そしてアプリケーションの利用者の双方にとって大きなリスクが存在することが判明しました。

Peril in a Pandemic: The State of Mobile Application Security | Synopsys