最先端の自動車セキュリティ:

自動車業界のサイバーセキュリティ・プラクティスに関する調査

今日の自動車は、ネットワーク機能を備えた「走るコンピュータ」へと変貌しており、自動車業界はサイバーセキュリティ・リスクというこれまで経験したことのない問題への対処に迫られています。自動車メーカーは今やソフトウェア企業としての顔を持ち、ソフトウェア・セキュリティに関するあらゆる課題に直面しています。

自動車業界はそういった課題にしっかりした対応が出来ているのでしょうか?本レポートはシノプシスとSAEが独自に行った調査結果をまとめたものです。

この調査で明らかになったいくつかの事実がこちらです。

  • 回答者の63%が、ハードウェア、ソフトウェア、その他のテクノロジの半分未満しか脆弱性テストを実施していないと答えています。
  • 回答者の30%が、製品のサイバーセキュリティに関する正式なプログラムやチームを設立していないと答えています。
  • 回答者の84%は、サイバーセキュリティ・プラクティスがテクノロジの進化に追いついていないことを懸念しています。

このレポートでは、自動車業界が現在直面している組織的、技術的、テスト、およびサプライチェーンの課題と、それらに対処するための推奨事項について説明します。

このフォームからご登録いただき、ぜひ本レポートをお読みください。