VCS Apex: DTLおよびICOを用いたシミュレーションの効率化
本ウェビナーは終了いたしました
【日本語ウェビナー】

VCS Apex: DTLおよびICOを用いたシミュレーションの効率化

 

本ウェビナーではVCS Apexでサポートされる機能からDTL (Dynamic Test Loading) とICO (Intelligent Coverage Optimizer) の2つをご紹介します。いずれもシミュレーション時間を短縮するための機能です。
 

DTLではテストを追加・変更する際に、テストのみをコンパイルして既存のデザインを含むテストベンチ環境での実行を可能にします。これにより、まずコンパイル時間が最小化されます。加えてsave/restoreフローと組み合わせることで、チップの初期化などのテスト間で共通する動作のシミュレーションを省略することで実行時間を短縮します。


ICOではシミュレーションでのランダム値生成の品質を向上させます。テスト全体として効率的なランダム値の生成を行うことで、カバレッジ・ゴール到達に必要な時間の短縮ならびにカバレッジ・スコアの向上を実現します。


ご参加は無料です。ぜひこの機会をお見逃しなく!
 

◆ アジェンダ

  • VCS Apex概要
  • DTL (Dynamic Test Loading) によるシミュレーション効率化
  • ICO (Intelligent Coverage Optimizer) によるシミュレーション効率化
  • QA

 ※ プログラムは変更される場合がございます。ご了承ください。


◆ 講師

  日本シノプシス合同会社
  アプリケーション・エンジニア 杉江 誠