次世代キャラクタライズツールPrimeLibのご紹介

本ウェビナーは終了しました

【日本語ウェビナー】

次世代キャラクタライズツールPrimeLibのご紹介 

 

プロセスノードの微細化が進むにつれ、考慮すべきばらつきや、アプリケーションによっては生成、検証する、プロセス、電圧、温度のコーナー数も増大します。自動車および航空宇宙アプリケーションの場合は、経年劣化、信頼性のモデリングも必要となります。先端ノードで増大するキャラクタライズ量、その結果増大するデータ量、検証時間へのソリューションとしてPrimeLibは昨年リリースされました。

本セッションでは、PrimeLibの製品のご紹介とその最新情報をお届けします。


ご参加は無料です。ぜひこの機会をお見逃しなく!
 

◆ アジェンダ

  • 先端ノードのキャラクタライズにおける課題
  • 大規模なキャラクタライズをより短いTATで完了するために
  • PrimeLibの特徴とテクノロジー
  • SiliconSmartからの移行
  • ロードマップ