パワー解析ワークショップ

~数十億サイクルのワークロードに対応可能なソフトウェア・ドリブン消費電力解析手法~


従来の手法に比べ1,000倍高速なシノプシスのパワー解析ソリューションをご紹介いたします。このソリューションは、業界最高速エミュレータZeBuと、シノプシスの包括的なパワー解析ツールとの 緊密な連携によって実現するものです。 

  • グラフィックチップのパワー解析を、せめて動画1秒分相当のシナリオで検証したい
  • パワー解析をやり切れず、平均消費電力やアクティビティ解析のみで対応しているが、精度に不満がある
  • IR dropの解析をすべきポイントを探すのに苦労している
  • テスターでの検証でパターンを流し過ぎてチップを壊してしまった

このような経験をお持ちの大規模SoC設計/検証エンジニアの方には、きっとご興味をもっていただける内容です!


本ワークショップでは、ZeBuパワー解析のご紹介から始まり、数十億サイクル以上にわたるワークロードを用いて詳細にパワー解析を行うべき範囲を特定し、精度の高いサインオフ・パワー解析を効率的に実施する手法をご紹介いたします。設計者が想定したシナリオではなく、実際のソフトウェア・ワークロードを用いて解析を実行するため、電力を大量消費する箇所を見逃すリスクを大幅に削減できます。


ご参加は無料です。東京ならびに大阪で開催いたします。
お席に限りがございますので、お申込みはどうぞお早めに!

 

日時 / 場所

◆東京開催: 6月25日(火) 13:00-17:00 (受付開始 12:30)    満席となりました
         日本シノプシス合同会社 東京オフィス(東急田園都市線・大井町線 二子玉川駅)(地図
                    東京都世田谷区玉川2-21-1  二子玉川ライズ・オフィス 15F セミナールーム


◆大阪開催: 6月27日(木) 13:00-17:00 (受付開始 12:30)
         日本シノプシス合同会社 大阪オフィス(大阪メトロ御堂筋線 中津駅)(地図
         大阪府大阪市北区豊崎3-19-3  ピアスタワー 13F

お申込

こちらのボタンよりお申込みください。
6/25(火) 東京会場は満席となりました。

アジェンダ

本ワークショップは英語で行いますが、すべてのセッションに日本語の要点説明がございます。

講師:  Alexander Wakefield
 
           Application Engineering, Scientist
            Verification Group
            Synopsys, Inc.

12:30     受付開始
 

13:00  Session 1:  イントロダクション

チュートリアル的な位置づけで、パワー見積り技術の基本的な概念と手法、そしてZeBuエミュレーション技術の特長を簡単にご紹介します。    

 

13:50  Session 2:  アクティビティ・プロファイル

数十億サイクルを現実的な時間の中でテストするには、ZeBuホストPCへの波形情報出力がボトルネックとならないよう、エミュレータ内でパワーを計算する必要があります。ZeBuでそれを実現するWeighted Activity Profilerの概要と使用方法の詳細をご説明します。そして、詳細なパワー解析ステッ プにおいて解析対象とする数百万サイクルの範囲を特定するために、得られたアクティビティ・プロファイル結果をどのように分析するかをご説明します。 


14:20     コーヒーブレイク


14:35  Session 3:  RTLとゲートレベルでのピークと平均パワー解析

高性能な波形情報出力機能を備えたZeBuエミュレーション・プラットフォームであれば、数百万サイクルのテストを高速に実行できます。出力された波形情報から、平均パワーを求めるためのスイッチング・アクティビティ(SAIF)や、近似ピークパワーとして知られるサイクルパワーが得られます。RTLおよびゲートレベルのデザインで本フローを実行するための様々なコマンドや手法をご紹介します。      


15:45    ブレイク


16:00  Session 3:  RTLとゲートレベルでのピークと平均パワー解析(続き)


16:30  Session 4:  パワーサインオフ

パワーサインオフ解析では、ZeBuパワー解析フローから得られたサインオフ検証対象区間に対して、業界標準ツールであるPrimePowerを適用します。グリッチに起因するパワーを算出するために必要なゲートレベル信号遅延は、デザインをサインオフ検証対象区間でreplayして生成されるFSDBファイルから得られます。生成されるSAIFやFSDBが、PrimePowerでどのように使用されるかをご説明します。

 

16:50     まとめ /  Q&A


17:00     終了予定   

★ 終了後も、ご質問をお受けいたします。
   また、お客様同士のネットワーキングにもこのお時間をご利用ください。 

 

※プログラムは変更される場合がございます。予めご了承ください。